グリーニケ宮殿&庭園
Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

グリーニケ宮殿&庭園 ─ ハーフェル河畔に地中海の雰囲気。

プロイセン皇太子カールは、1824年にベルリン南西部のはずれにあるグリーニケ所領を手に入れたとき、すぐさまイタリアの田舎という考えが浮かびました。 1825年にカール・フリードリヒ・シンケルが、大農家を擬古主義様式の邸宅へと改築し始め、ルネが魅力的な公園を設計しました。これらはいずれも、ハーフェル川が湖に流入するあたりの、田園地帯に位置していました。

1825-1827年にプロイセンの建築家カール・フリードリヒ・シンケルは、かつて大農家だった建物を、擬古主義様式の邸宅に改築します。 アーケードや古代のレリーフ、そして1832年に建造された塔が、南国の別荘という幻想を完璧なものにしていました。 庭園に面する側には、大きな噴水があります。これは、ローマのヴィラ・メディチのものをモデルにデザインされ、1840年に製作された噴水で、水を吐き出す黄金の獅子で華やかに飾られています。 庭園では、有名な造園家ルネの設計による「緑の芸術作品」が、入場者の前に姿を現しています。これは、建物近くの花壇と「プレージャーグラウンド」に分けられています。 この暗示的に構成された風景の中に、まずシンケルが、後には彼の弟子であるルートヴィヒ・ペルジウスが、数々の優美な建物を配置しました。その中には、たとえばシンケルの「小さな好奇心」─ 東屋に改築された茶室 ─ のような魅力的な建物が含まれます。 水辺にあるイタリア風別荘からは、“ポツダム湾” を目にできます。 地中海風の田園の後には、イギリス風やアルプス風の庭園が誘います。 この他のグリーニケ宮殿&公園の特徴としては、たとえば宮廷庭師博物館が挙げられます。ここには、歴史的な庭園設計や測量機器、プロイセンの庭師の様々な職業教育に関する歴史的な資料が展示されています。 有名オーケストラのソリストや楽団員によって、一年を通じて開催されている宮殿コンサートも、ここでご紹介するだけの価値があるでしょう。 さらにグリーニケ宮殿&庭園は、周辺地域への素敵なエクスカーションへと誘います。たとえばベルリン・ツェーレンドルフ地区の博物館村デュッペルには、800年前の村が完全な形で再現されています。 ヴァンゼー湖畔のマックス・リーバーマン・ヴィラやベルリン動物園も一見の価値があります。ベルリン動物園は、1844に創設された、ドイツで最も古く最も種類の多い動物園で、世界中から観光客が訪れています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました