1748年にフランクフルトからレーゲンスブルクに移ってきたトゥルン・ウント・タクシス侯爵家が、ほぼ200年間にわたって住んでいます。 聖エメラム宮殿は、1816年から壮麗なレジデンツに改築され、今日ではドイツ歴史主義を代表する建築物に数えられています。

もっと

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: