ドレスデンのツヴィンガー宮殿

ドレスデンのツヴィンガー宮殿 ─ アウグスト強王時代のバロック建築作品。

ドレスデンのツヴィンガー宮殿は、世界的に有名なバロック建築物です。 アウグスト強王時代の、1709年に建造されました。 今日ザクセン州都ドレスデンの主要建築物に数えられている宮殿を飾るべく、多くの彫刻家が素晴らしい作品を創りました。

ドレスデンのツヴィンガー宮殿は、本来は木造建築物に囲まれた祝祭広場 ─ ザクセンの貴族たちが馬上試合などを行う広場 ─ として、1709年に造られました。 選帝侯アウグスト強王の時代の1710年から1719年までの間に、マテウス・ダニエル・ペッペルマンが砂岩でツヴィンガー宮殿を建設しました。 壕のパビリオンとギャラリーはオランジェリーとして使用されていました。 ツヴィンガー宮殿で最も写真撮影されたのは、おそらく「王冠の門」でしょう。 ツヴィンガー宮殿のバロック建築物では、ギリシャ神話の神々の特徴をうまくとらえて表現しています。 壕のパビリオンの横には、ニンフの浴場があります。 この噴水は、ドイツで最も美しいバロック噴水のひとつに数えられています。 ツヴィンガー宮殿の内部は、今日では博物館になっています。 ドレスデン陶磁器コレクションは、世界有数のものとされています。 その他の見どころとしては、高価な衣装や装飾武具のコレクションが展示されている、武器博物館が挙げられます。 ゼンパーギャラリーも訪れるだけの価値があります。建築家ゴットフリート・ゼンパーによって、1847年から1854年にかけて建造され、ルネッサンスからバロックまでの絵画を集めたものとしては、今日なお世界有数の美術館に数えられています。最も有名な作品としては、ラファエロの『システィーナのマドンナ』が挙げられます。 ドレスデンのツヴィンガー宮殿からさほど離れていない場所では、フラウエン教会が人々引き寄せています。 この教会は、1726年から1743年の間にバロック様式で建造され、第二次世界大戦中に崩壊しましたが、1994年から2005年にかけて助成金と寄付金によって再建されました。 当時のものとしては、ヨーロッパで最も価値のある教会建築物に数えられています。 総面積147ヘクタールのドレスデン大庭園もまた、散歩やレクリエーションへと誘います。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました