フリーデンシュタイン宮殿
Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

フリーデンシュタイン宮殿:ドイツの心臓部に位置するバロック宇宙。

外側は印象的なまでに厳格で、内部は壮麗な、この大規模建築物は、ドイツ最初のバロック宮殿に数えられており、ゴータの町を睥睨するように聳え立っています。

フリーデンシュタイン宮殿は、ザクセン・ゴータ公国領主エルンスト1世の居城として、1656年までにグリメンシュタイン城趾の基礎壁の上に建てられました。 北翼だけでも100メートルあり、両翼は140メートルに達します。遠くからでも目につく、当時の権力の象徴です。 プロテスタント派の公爵は、自身の宮殿を厳格・無装飾な姿に形づくりましたが、それが建物をとりわけ魅力的なものにしています。フリーデンシュタイン宮殿は、外観的には厳格さとシメントリー (左右対称)、そして堂々とした大きさによって人々を惹き付けているのです。 それとは対照的に、彼の息子である公爵フリードリヒ1世は、1680/81-1687年の間宮殿内に豪華な部屋を造りました。 公爵の部屋は、高価な象嵌細工の床、豊かな装飾が施された化粧漆喰天井を備えており、祝宴用のメインホールは、夥しいほどの果実・花環装飾で縁取られた、立体的な天井装飾で見るものを圧倒します。 現在の博物館のコレクションは、あらゆる時代を網羅した芸術作品や絵画、彫刻、手工芸品によるものです。 壮大な庭園もまた、フリーデンシュタイン宮殿の輝きの一部になっています。 敷地内のイギリス式風景庭園は、ドイツで最も古いもののひとつです。 西翼内に、完全な姿で残っているバロック劇場 フリードリヒ1世は1683年にオペラを受け入れ、西翼に舞台背景を含むバロック劇場を造らせました。 ほぼオリジナルのままの観客席 (1774年) と舞台装置を備え、今日公演が行われているものとしては、ドイツ最古の劇場に数えられています。 毎年夏になると、ここでエクホーフ劇場が開催され、18 世紀の作品が上演されます。 エクスカーション 古いミニチュア人形や陶磁器が好きなら、バロック様式の人形の町「モン・プレジール」が併設された、新宮殿博物館は決して見逃せません。 フリードリヒスタール宮殿もまた、訪れるだけの価値があるエクスカーション目的地です。宮殿を数多く目にした後で、比較的シンプルなものを望むなら、シュマルカルデンで中世風で魅力的な、16-18 世紀の旧市街を目にできます。 わずか9キロメートル離れたところには、レンシュタイクというドイツで最も人気の高いハイキングルートが通っています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました