ハイデルベルク城

ハイデルベルク城。 ドイツ・ロマン主義の象徴。

19 世紀以来、ハイデルベルク城のロマンチックな廃墟は、ヨーロッパで最も有名な観光スポットに数えられ、観光客を引き寄せる磁石のような存在になっています。

庭園を含むハイデルベルク城に、魅力的なオーラを与えているのは、現在と過去の特殊な混沌です。 それは世界から引き離されているかのように作用し、ドイツ・ロマン主義の典型となっています。 城趾という、キズタに覆われた荘厳な舞台装置さえもが、かつての城主一族であるヴィッテルスバッハ家の権力と栄光とを伝えているのです。 ハイデルベルク城は、塔や対爆掩蔽設備、壕を備える城塞として1300年頃に建造されて、市街地の上に400年にわたって拡張され、プファルツ選帝侯たちの封建的な表看板となっていました。 今日目にできる最古の城館は、内部に壮麗なルネサンス様式の暖炉が設けられている、ループレヒト館です。 オットーハインリヒ館は、ファサードに豊かな装飾を施した、ドイツ国内で初めての宮殿建築とされています。 最も保存状態の良い建物がフリードリヒ館で、ファサードには歴代選帝侯の像が並んでいます。 地階には、破壊を免れた城教会があり、その上は居住階になっています。 とりわけ魅力的なのは、フリードリヒ5世の治世下に “人間の手による地上の楽園” として造られた、豪華な遊歩庭園です。 この「プファルツの庭園」は、完成することがなかったにもかかわらず、長い間世界の8番目の不思議とされていました。 ハイデルベルク城の居住者たちの日常生活を垣間見られるように、土曜日には特別ガイドツアー「宮廷の生活」が行われています。 家族の誰にとっても楽しいものになるはずです! オットーハインリヒ館には、ドイツ薬事博物館が入っています。 ここでは、薬学の歴史に関する、興味深い過去を知ることができます。 エクスカーション ハイデルベルクで最も有名で最も美しい散歩道に数えられているのが、哲学者の道です。この道から、旧市街や古城への素晴らしい眺めを、たっぷりと時間をかけて楽しんでください。 ドイツ・リーメス街道は、ユネスコ世界文化遺産リーメスに沿って、古代ローマ人の足跡を辿る観光街道です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました