ホーエンツォレルン城
Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

ホーエンツォレルン城。 ネオゴシック様式による歓声。

シュヴェービッシュ・アルプ山地の、標高約900メートルの高台に、塔や凸壁を備えるホーエンツォレルン城 ─ ネオゴシック時代のロマンチックな幻影 ─ が聳え立っています。

1819年のある生暖かい夏の夜に、24才のプロイセン皇太子が祖先の城の廃墟を目にし、再建の念に駆られました。 後の国王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世は、才知豊か、意欲満々で、美しい芸術を好む人物でした。 国王の心は、詩的・感傷的に中世に執着していたので、当時ベルリンのスター建築家だったフリードリヒ・アウグスト・シュトューラーに再建を依頼しました。 シュトューラーは、ゴシック様式のリバイバルである「ネオゴシック様式」がとりわけ人気があった、フランスやイギリスの中世建築物をモデルにしました。 1852年に礎石がおかれ、1867年に再建が終わりました。 城には140の部屋があり、壁画が描かれた図書室や国王の寝室、系図の部屋、そして王妃の部屋である「青のサロン」が見どころになっています。 「青のサロン」は、金色の格間天井や高価な象嵌細工の床、プロイセン統治者たちの肖像画で飾られています。 皇帝ヴィルヘルム2世の王冠を含む、プロイセン関係の記念品は、宝物殿に展示されています。 エントランスホールの壁には、装飾としてホーエンツォレルン家の家系図が描かれており、 プロイセン王やドイツ皇帝とその後継者たちが、現在に至るまで記載されています。 エクスカーション 是非ウルム大聖堂を訪れてみてください。 ウルム大聖堂の塔は、161.53メートルもの高さがある、世界一高い教会塔です。 この教会は、1377年から1543年の間にほぼ完成し、今日に至るまでオリジナルの姿を保っています。 フィリンゲン・シュヴェニンゲンでは、中世的な市街地の他に、初期ゴシック様式の大聖堂、後期ゴシック様式の市庁舎、フランチェスコ会博物館、市城壁を目にできます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました