ノイシュヴァンシュタイン城

ノイシュヴァンシュタイン城 ─ ドイツのメルヘン城。

ノイシュヴァンシュタイン城が持つシンボルとしての力は、理想主義的でロマンチックな建築様式と所有者の悲劇的な人生の組み合わせと相まって、世界中を魅了しています。ルートヴィヒ2世は自身の帝国の統治権を失ったため、伝説とメルヘンによる自分だけの世界を創り出したのです。

バイエルン州南部のノイシュヴァンシュタイン城は、おそらくドイツで最も頻繁に写真に撮られた観光スポットでしょう。 ルートヴィヒ2世は、1869年からの宮殿建設に際して、 ヴァルトブルク城の要素とワーグナーのオペラ『パルシファル』における聖杯城の要素をひとつにまとめました。 ノイシュヴァンシュタイン城はルートヴィヒ2世にとって、何よりも避難用の城塞でした。 1864年にバイエルン王になったルートヴィヒは、早くもその2年後にプロイセンに屈服せざるを得なくなったこともあり、居城都市のミュンヘンを嫌悪していました。 そのうえ彼は、好んで美しい芸術に没頭していました。 自身の現実の帝国ではもはや絶対君主ではなくなっていたため、彼は伝説とメルヘンから自分だけの世界を創り出したのです。 最も絢爛豪華な部屋としては、2つの広間が挙げられます。 「歌合戦の広間」は、ヴァルトブルク城の「歌合戦の広間」と「宴会の広間」という2つのモデルをひとつにまとめたもので、オリジナルのものより大きく豪華ですが、ここでは歌われことも祝われたこともありませんでした。 高さ15メートルのアーケードが設けられた、2階の「謁見の間」では、金と青による非常に豪華な内装で目がくらむほどです。 しかしながらルートヴィヒ2世は、当時の最新技術を駆使して、自身の中世への憧憬を「聖杯の間」に結集することに、とりわけ熱中していました。 王は、食事の時でさえ中世にいると思いこみたがっていました。彼の食堂は、ヴァルトブルクの歌合戦をモチーフにした装飾が施されていました。 寝室はゴシック様式のインスピレーションによるもので、ディテールさえもワーグナーのオペラ、たとえば洗面台は、ワーグナーのオペラ「ローエングリーン」のオマージュである、白鳥の形をした蛇口を備えていました。 ノイシュヴァンシュタイン城のさらなるハイライトとなるのは、小さな滝が設けられ、色鮮やかな照明が施された洞窟で、鍾乳洞さながらの印象を与えます。 12世紀の廃墟を基にして、 1832年にネオゴシック様式で建てられたホーエンシュヴァンガウ城、そしてテーゲルベルクのローマ浴場へのエクスカーションもお勧めです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました