ニュンフェンブルク宮殿&公園

ニュンフェンブルク宮殿&公園。 宮殿と公園の調和のとれた一体性。

ニュンフェンブルク宮殿は、ヨーロッパ屈指の傑作です。バイエルンの生ける「歴史書」であると同時に、建築と造園が絶妙なハーモニーで結びついているのです。

もし、子供の誕生祝いが全てこれほど美しいものなら! バイエルン選帝侯フェルディナンド・マリアは、待望の皇太子誕生に喜び、妃のサヴォア公アデレーデに土地を贈りました。 それは1663年のことで、ヴィッテルスバッハ家の選帝侯妃にしてサヴォア公だっったヘンリエッテ・アデレーデは、自身のために庭園を備える夏用の小さなヴィラを建てました。 これがニュンフェンブルク宮殿の前身です。 18世紀初頭には、 ギャラリーで接続された居住パビリオンが両側に追加され、ファサードが「フランス風」にリフォームされて、簡素な宮殿はエレガントで広大な夏の離宮に生まれ変わりました。 今日ニュンフェンブルク宮殿を見学すると、ある意味バイエルンの歴史を体験することになります。 2世にも及ぶ歴史の中で、バイエルンの選帝侯や国王たちがここに足跡を残しているからです。 完璧なバロック施設を構成する要素をご紹介しましょう。バーデンブルクは、暖めることができる、初めての近代「スイミングホール」です。ロココ様式による銀青色の狩猟用離宮アマリエンブルクは、独特な豪華さの中に、夥しいほどの繊細で感嘆に値するディテールを持ち合わせています。 ニュンフェンブルク宮殿の北翼には、人と自然の博物館があります。 ここでは、地球と人類の歴史をたどるタイムトラベルを体験できます。 エクスカーション ミュンヘンのホーフガルテンは、アルプス以北で最大のルネッサンス庭園に数えられています。 ホーフガルテンの北東部には、直接イギリス庭園へ接続している、散歩道があります。 ミュンヘン北部、シュライスハイム宮殿敷地内のルストハイム宮殿には、古いマイセン陶磁器の世界的に有名なコレクションがあります。 ミュンヘンの南方に位置する、シャッヘンの「国王の山荘」は、国王ルートヴィヒ2世が山岳部に滞在する際の避難所として利用していたもので、アルプスガーデンが併設されています。 山荘の下には、1900年に植物園のアルプスガーデンが造られています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました