ハンブルクのプランテン・ウン・ブローメン

ハンブルクのプランテン・ウン・ブローメン。 誰もがお気に入りの場所。

ハンブルクの中心部にある、面積47ヘクタールの公園プランテン・ウン・ブローメンの素晴らしさは、ストレス解消とエンターテインメントを見事に組み合わせた点にあります。 入場無料で、リフレッシュをお約束します。

この「国民・鳥類・娯楽公園」は1930年に完成しましたが、1935年にガーデンショーが開幕したとき、当地の方言である低地ドイツ語で「プランテン・ウン・ブローメン (植物と花)」と呼ばれ、それがそのまま公式名称になってしまいました。 今日プランテン・ウン・ブローメンの敷地中心部には、記念物指定を受けた熱帯植物温室群と旧植物園の展示温室があります。 この他に静かなセンセーションを引き起こしているのが、古典的なスタイルで構成されたバラ園です。 花壇はツゲで縁取られ、夏の間毎日流されるクラシック音楽にぴったりの舞台背景となっています。 薬草園では、薬草に関する知識が紹介されています。 ストレスの多い大都市生活者が、カスケード (階段状の滝) の傍らに座り、水と光のコンサートに耳を澄ましています。 1985年には、堤と魅力溢れる日本庭園が造られました。日本庭園には茶室が設けられており、この種のものとしてはヨーロッパ最大です。 子供たちは遊び場で暴れ回り、冬には老いも若きもスケートをします。巨大なスケートリンクは、世界最大の屋外スケートリンクに数えられており、夏にはローラースケーターやインラインスケーターが走り回ります。 南西部の端にはハンブルク歴史博物館があり、都市の起源とされる800年頃から現在に至る、ハンザ都市ハンブルクの歴史を紹介しています。 エクスカーション 100年前の時点でハーゲンベック動物公園は、檻のない初めての動物園であり、近代的な動物飼育の先駆者でした。 今日の動物園は、様々な姿に造形された25ヘクタールの土地と全長7キロメートルの歩道を備える、体験型動物園であると同時にテーマパークでもあり、誰もが楽しめるようになっています。 19 世紀末に建てられた、歴史的な倉庫街は、今日なお世界有数の規模を誇る倉庫複合体です。 これらの建物は、1991年に文化財に指定されています。 ザンクト・パウリの桟橋「世界への門戸」が、ランチや遊覧船、博物館船による港周遊へと誘います。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました