シュトルツェンフェルス城
Discover the Beauty and Romance

See sites of royal splendour in Germany

シュトルツェンフェルス城。 「騎士の広間」と居住環境、素晴らしい眺望。

ロマンチック・ラインの宝石というべきシュトルツェンフェルス城が、コブレンツの近く、ライン川を見下ろす高台に聳え立っています。内装と建築物は、この時代のものとしては最も高価ものに数えられます。

シュトルツェンフェルス城は、1250年頃に関税徴収用の城塞として建造され、プファルツ継承戦争で破壊されましたが、国王フリードリヒ・ヴィルヘルム4世の下、ベルリンの建築家カール・フリードリヒ・シンケルの設計で、1836―1842年に再建されました。 黄土色の塗装と平屋根、パーゴラ、テラスが、イタリアのような快活さを発散しています。 一部オリジナルのままに維持された、高価な調度は、当時の生活環境や精神的態度の一例となっています。 特徴としては、「騎士の大広間」の他に、「騎士の小広間」が挙げられます。 「騎士の小広間」は、中世の居住塔にあり、当時は応接室として利用されていました。 壁には、ドイツ帝国の中世史がフレスコ画で描かれています。 「騎士の小広間」は、2つの扉で城教会上の屋上テラスに接続しています。 南側と東側の部屋からは、ライン中流域渓谷への素晴らしい眺望を楽しむことができます。 ロマンチックな城周辺部は、造園家ペーター・ヨゼフ・ルネによって設計されたものです。 2002年以来シュトルツェンフェルス宮殿は、ユネスコ世界文化遺産・ライン渓谷中流上部の一部になっています。 エクスカーション ライン川とモーゼル川の合流点には、「ドイチェス・エック」と皇帝ヴィルヘルム1世の巨大な騎馬像があります。 エーレンブライトシュタイン要塞は、現存のものとしてはヨーロッパ最大の要塞とされています。 16 世紀に建造された要塞施設には、今日コブレンツ州立博物館とユースホステルが入っています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました