ハムバッハ城

ハムバッハ城。 ドイツ史の印象的な転換点。

ライン河畔の高台、プファルツ地方のワイン街道沿いには、堅固な城塞が森から聳えるように建っています。波乱に富んだ歴史を持ち、そして自ら歴史を創った城塞です。

1797年から1815年までプファルツ地方はフランスに属しており、「自由・平等・博愛」というフランス革命の価値観に従って方針を決定していました。 1830年にパリで勃発したフランス7月革命は、プファルツ地方においても自由への渇望をもたらし、「ハムバッハ祭り」に至りました。 その際、指導的な自由主義者とあらゆる社会階層からの市民3万人が集まり、報道と集会、言論の自由、市民権の拡大、宗教に関する寛容、そして何より国家の統一を要求しました。このため今日では、「ハムバッハ祭り」はドイツにおける民主主義誕生の地と見なされています。 黒・赤・金の三色旗もまた、将来のドイツ統一のシンボルとして、初めて打ち振られました。 ハムバッハ城の展示は、当時の政治的一大事件をテーマにしています。 旗や印刷機、当時の書類が、入場者に「ハムバッハ祭り」の日々への注目を促しているのです。 1832年の “最初の旗” はノイシュタットの郷土博物館に展示されています。 今日のハムバッハ城は、部分的に修復された廃墟であり、その城壁や塔が1000年にも及ぶ歴史を伝えています。 エクスカーション シュパンゲンベルク城は、プファルツの森地方にある城趾で、11 世紀の築城と考えられています。 保存処置がとられた後、今日ではウンターブルクの建物に城酒場が入っています。 オットー・ディルは、ワイン街道の町ノイシュタットで1884年に生まれました。 今日でも、最も人気があり最も重要なプファルツ地方出身の画家に数えられています。 ノイシュタットのオットー・ディル美術館では、猛々しい動物の絵をはじめとする、あらゆる作品テーマに触れることができます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました