アンスバッハ
都市を選択

華麗なバロックと中部フランケン地方の誇り:アンスバッハ

アンスバッハ、かつてのブランデンブルク・アンスバッハ辺境伯居城地、歴史的な 古城街道にあり、こんな小さな町にこんなに沢山の歴史的な名所旧跡があるとは思っても見なかった、うれしい驚きのアンスバッハです。 フランケンヘーエ自然公園に近いこともアンスバッハを訪れる理由です。

宮廷役所、聖ヨハニス教会、聖グムベルトス教会、レジデンツ宮殿、宮廷庭園の華麗なオランジェリーなどの歴史駅建造物が、アンスバッハの長い歴史の遺産です。 アンスバッハは偉大な過去だけに生きているわけではありません。アンスバッハの彫刻の道を見てみましょう:毎年7月中旬より10月半まで、公共スペースに現代美術作品を展示して歴史的な建物や広場をつなぎますが、これがいつも活発な論議話題を巻き起こします。

ロココの輝き:アンスバッハでは生きている

それとは対照的に、アンスバッハのロココ・フェスティバルは議論するよりは楽しむもので、毎年17、18世紀の 宮廷の輝きを町に蘇らせます:宮廷庭園の辺境伯オランジェリーを舞台にした音楽とダンスは、アンスバッハの町と観客をまったく別の時代に誘います。 オランジェリーは1726年から1728年にフランスの宮殿を手本にして建てられ、この一級の名所は、フェスティバルの期間中だけでなくいつも観光できます。 同じように第一級の名所はレジデンツ宮殿です-27の豪奢の部屋のある華麗なバロック様式で、なかでも二階建ての宴の広間、鏡の小部屋、有名なアンスバッハ・ファヤンス陶磁器工房製の2,800枚の陶製化粧タイルの広間が見どころです。 同じく18世紀に 建てられたユダヤ教会は、外観は目立ちませんが、南ドイツでもっとも貴重な保存の行き届いたバロック様式のユダヤ教会のひとつです。 今日ではユダヤ教教区はないので、この建物は記念館および博物館として使用され、市内観光コースに入っています。

カスパー・ハウザー:物乞いと貴族

バロック時代の辺境伯と建築士は、さまざまなものを残しましたが、謎の人物カスパー・ハウザーもアンスバッハの歴史に足跡を残しました。 ぼろをまとって物乞いをしていたハウザーは1828年にニュルンベルクに現れ、1833年にアンスバッハの宮廷庭園で刺殺された時には、教養の深い、学問好きな、礼儀正しい若き貴族でした。 ハウザーはだれか-いろいろな推測がなされていますが、今日まで分かっていません。 この有名になった謎の人物を偲ぶ芸術的な記念碑が立ち、殺害された場所にも記念碑があり、辺境伯博物館にはごく最近ハウザーの部門が設けられ、墓石には「時代の謎、出生不明、謎に包まれた死」と刻まれています。 1998年よりアンスバッハは二年ごとにカスパー・ハウザー・フェスティバルを催しています。 しかし町は一年中フェスティバルのような訪れて楽しい町、驚きの多い旅行地です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました