アシャッフェンブルク
都市を選択

美しい宮殿、広い公園、陽光:アシャッフェンブルク

シュペッサルト山地の入り口に位置するアシャッフェンブルクは、温暖な陽光に恵まれた気候ゆえにバイエルンのニースと呼ばれるよく知られた町で、伝統と現在、ショッピングと文化、生きる喜びと見事な歴史的建造物が調和しています。 一年を通じて祭りやイベントが豊富にあり、感じのよいレストラン、趣のあるホテル、ローカル色豊かなワインレストランがそろっています。

町中どこに行っても親しみやすい雰囲気が感じられ、あちこちにある噴水が軽やかな明るい感じを作り、どんな望みも満たしてくれる文化プログラムが用意されています。 高いレベルの演劇から、イエズス教会美術館、ドイツ中に知られている宮殿庭園の寄席芸、宮殿博物館のクラナッハ・センターまで、幅広いさまざまな文化を楽しめます。

夜にも日が照るところ:アシャッフェンブルクの旧市街

アシャッフェンブルクの日が当たる場所は、旧市街の中心のテアーター広場で、南ドイツでもっとも美しい古典主義様式建築の劇場、ロジア開廊や噴水や大きな日時計がひとつの印象的なアンサンブルを成しています。 6メートル余りの指針が付いた日時計は、夜も読み取れます:コンピューター制御のハロゲンライトが太陽の運行と同調して光ります。 1605年から1614年にシュトラースブルクの建築士ゲオルク・リディンガーによって建てられたヨハニスブルク宮殿が、町のすべての建物を見下ろして旧市街の上に聳えています。 壮麗なルネッサンス様式の宮殿には、州立美術館-欧州でも有数のクラナッハの収集があります-の他に、6世紀にわたる美術品と歴史的な遺産を展示する宮殿博物館が入っています。 レクリエーションやレジャーには、広い美しい英国様式の公園のシェーンブッシュが好まれ、宮殿があります。 公園には、静かでゆったりできるエリア、ボート遊びができる小さな湖と橋と水路、遊び場、迷路、ビアガーデン付きレストランがあり、大人も子供も楽しめる人気の行楽地です。

最高の文化。 最高のショッピング

古代の建築に造詣の深い方には、せわしいバイエルン王ルートヴィッヒ一世の命により、古代建築に情熱を燃やした19世紀の美しき遺産である古代ローマ風ヴィラのポンペイアヌムがおもしろいでしょう 。 かつての聖ペーターとアレグザンダー修道院参事会会場にある修道院博物館や、アシャッフェンブルクの企業家アントン・ゲンティルが自分の美術コレクションを展示すべく1920年代に建てたゲンティルハウスも興味深い見どころです。 文化に堪能した後はショッピング:アシャッフェンブルクには700店余りの店があり、この地方のショッピング中心地となっています。 見つからないものはないショッピング天国です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました