川岸に建てられた町:ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル
ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル ©STG
都市を選択

川岸に建てられた町:ブランデンブルク・アン・デア・ハーフェル

水色の北部ドイツにブランデンブルクがあります:もっとも水に恵まれた 連邦州 にあり、3,500の湖沼と6,700キロメートルに及ぶ水路が作る景色の中心にあります。 水上スポーツ愛好家が、ブランデンブルクを我が家と感じるのももっともなことです。 自然そのままの河川の支流でおもしろい自然探索ができ、サイクリングやサイクリングツアーに理想的な地域です。

カヌーやモーターボートでツアー、ヨット、水上スキー、釣り、ポツダム湖やブランデンブルク湖やハーフェル湖のロマンチックな遊覧船、ハウスボートで牧場を回る、人のいない入り江で日光浴などなど、心の赴くままゆったり過ごす-ブランデンブルクではすべて可能です。 ハーフェル川に臨むブランデンブルクの周辺の湖や川は、豊かな緑の自然と文化景観懐かれ、活動的スポーツ、あるいはリラックス、あらゆる水上スポーツができます。 この地方のさまざまな水上スポーツをこなしてみたい方には、休暇中のホリディスクールのボート学校をおすすめします。 チャーターしたモーターボートやヨットで行われる理論と実践は、それだけで大きな楽しみです。

ブランデンブルクを発見-自転車がベスト

ブランデンブルクはハーフェル川に面し、ここから中部ヨーロッパ最大級の内陸湖沼地帯が始まります-ビーバーやカワウソのような珍しい動物が大自然の中で観察できる「下流ハーフェル低地」です。 そこに大きな都市ブランデンブルクがありますが、自転車で観光するのがベストです:中心部のサイクリング・ルートに沿ってノイシュタット、大聖堂島、旧市街といった重要な見どころがあります。 ブランデンブルクが宗教の中心であることは、壮大な聖ペーターとパウル大聖堂、 ブランデンブルク州の本山を見れば明らかです。 オットー大帝は948年にブランデンブルク司教区をここに置きました;周囲をスラブ族の住民に囲まれ、勇気ある決定でした。

強い騎士と二艘の小船

少し時間の取れる方は自転車から降りて、二つの特色ある博物館を訪れてください:州立考古学博物館と、かつての市宮殿フライハウスにある市歴史博物館です。 旧市街の市庁舎の前に立つ騎士ローラントの立像は、ブランデンブルクのよき時代を偲ばせる記念碑です。 ブランデンブルクは当時、市民が自由を得て経済的に栄えていた都市で、ローラント像はブランデンブルク市の独立を表しています。 それ以前の時代を伝えるのはスラブ人村:一千年以上も前にこの地に住んでいたハーフェル地方のスラブ人の歴史、生活、文化を知ることができます。 昔のスラブ様式で作った二隻の小舟「ドラゴミラ」と「トリグラヴ」があり、ロマンチックな川や湖の風景を巡るツアーや貸切に利用できます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました