ドルトムント
都市を選択

ドルトムント-鉄が煮えたぎった町、ビールが美味しい町

勤勉がドルトムント市民と町の特徴。 鉄鋼、石炭、ビールでドルトムントは世界中に知られています。 でも今日では鉱山に入る仲間はおらず、溶鉱炉はかなり前から冷え切ったままです。 それでも昔の時代は息づいていますし、産業遺産は新たな役目を果たしています:記念物博物館であり、同時に舞台になりました。

ドルトムントの発展は鉄鋼業によるものでしたが、ドルトムントは時代の転換期を乗り越えました-経済、レジャー、文化に構造変革をしました。 文化が新しいドルトムントの触媒の役を果たし、それは音楽、新しい生活文化、芸術と創造性を促進することです。 ドルトムントが2010年の文化首都記念年において果たした輝かしい役目を見れば、このことがよく見えてきます。 ヘーシュ博物館のハイライト「3D製鉄所体験」のような新しい形で過去を紹介したこともそのひとつです。 ビジターは巨大な製鉄所のど真ん中に立ってバーチャル体験をします。 体験の径「自然と技術」にある1992年に操業停止したハンザコークス製造工場は、重工業の歴史を見せてくれます。 見学では、まず高い石炭塔に上り、それから1000度以上の熱で石炭をコークスに焼く製造工場の心臓部を見学します。 産業遺産の魅力は新しい建築が自然と一体となっていることで、自然はここでは自分の生活圏をひそかに取り戻しています。

ビール醸造博物館はドルトムントのアイデンティティのひとつです:1912年のハンザ醸造所の機械室と隣の機械ホールには展示場があり、中世から今日までのドルトムントのビール醸造業の歴史を紹介しています。 19世紀と20世紀の工業化時代に重点が置かれ、 とくに1950年代から1970年代にけてドルトムントがヨーロッパの「ビールの首都」であった時代です。

ドルトムントはビールと工業の歴史だけではありません:オペラハウス、演劇場、青少年劇場、新しくできた子供オペラ、オストヴァル美術館、アードラートゥルム博物館、ドルトムント交響楽団、ルール地方でジャズ、ワールドミュージック、アバンギャルドの中心ドミツィルがあります。 ショッピングは旧マルクト、クリューガーモール、市内中心のヴェステンヘルヴェーク、ブリュッケン通り界隈で、ファンキーなものから高貴な品物までなんでもあります。 買い物に飽きたら無数にあるカフェ、レストラン、パブでゆっくりと美味しいドルトムントのビールでのどを潤しましょう。

ハイライト
Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました