ドレスデン
都市を選択

ドレスデン:文化都市の代名詞。

文化というものは、解釈も定義も様々です。 しかし「ドレスデン」という地名を出せば、具体的なイメージとして伝わるに違いありません。 この都市の文化財は、質も量も圧倒的で、観光客が息をのんで感嘆するほどなのです。 そして、それらの全てが美しい河畔風景の中に嵌め込まれているのを目にすると、驚きは純粋な感動に変わります。

本来「世界的に有名な」という表現は、そうそう用いるべきものではありません。 ところがドレスデンでは、頻繁に使わざるを得ないのです。 たとえば、ツヴィンガー宮殿ゼンパー・オーパーフラウエン (聖母) 教会の “3大観光スポット” だけでなく、ブリュールのテラスや王宮、ロシュヴィッツ地区渓谷斜面のエルベ宮殿群、ブラーゼヴィッツ地区の邸宅街、ヘラーアウエの庭園都市、そしてもちろん12のミュージアムなどは、本当に素晴らしいものです。 そして何と言っても、市街地が絶妙なロケーション ─ エルベ川が優雅に弧を描く、その頂点 ─ にあります。

バロック建築の傑作として広く知られているツヴィンガー宮殿は、間違いなく「世界的に有名な」建物に含まれます。 瓦礫の山から美しい姿に再建されたフラウエン教会は、おそらく最も重要なプロテスタント教会に数えられるでしょうし、盛期イタリア・ルネサンス様式による、堂々たる建造物のザクセン州立歌劇場 ─ 建築家の名前からゼンパー・オーパーとも呼ばれています ─ は、疑問の余地なく世界で最も美しいオペラハウスのひとつです。 “ヨーロッパのバルコニー” の異名を持つブリュールのテラスからは、エルベ川や対岸のノイシュタット (新市街) への素晴らしい展望が開けていますし、周囲には芸術アカデミーやアルベルティヌム ─ ノイエ・マイスター絵画館や彫刻展示室が入っている市内主要文化施設 ─ などの見事な建物があります。 さらに、王宮内の緑の丸天井 (世界最大の宝物館) やトルコの部屋、アルテ・マイスター絵画館 ─ ラファエロの『システィーナのマドンナ』などで有名 ─ といった卓越したミュージアムが、ドレスデンでの文化体験を、凌駕する都市が見あたらないほど豊かなものにしています。

またドレスデンは、音楽の都として、ほぼ700年にわたって世界的な名声を博してきました。 ゼンパー・オーパーだけでなく、シュターツカペレ・ドレスデンやドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団、ドレスデン聖十字架合唱団といったオーケストラ&アンサンブルが、人々を熱狂させてきたのです。 国際的なフェスティバルや演劇、ダンス公演、ゼンパー・オーパー舞踏会など、一年を通じてトップクラスのイベントが開催されています。 ドレスデンでは、ジャズもまた文化の一部になっており、たとえばインターナショナル・ディキシーランド・フェスティバルは、ヨーロッパ最大規模のオールドタイマー・ジャズフェスティバルです。 このフェスティバルでは、 “リバーボート・シャッフル” とプラーガー通りの “ジャズ・マイル” 、旧市街の “ディキシーランド・パレード” が伝統的にハイライトになっています。 エルベ河畔での “映画の夕べ” やエルプハングフェスト (エルベ渓谷斜面祭り) 、エルベ川流域のロマンチックな宮殿庭園でのコンサートなど、オープンエア・イベントも多彩です。

ドレスデンが伝統だけの都市ではないことは、現代建築の傑作が証明しています。 その代表例となるのが、新たなシナゴーグであり、オーストリアの有名建築事務所コープ・ヒンメルブラウによる非構成主義的なUFAクリスタルパラスト (シネマセンター) です。 中央駅や軍事史博物館も一見の価値があります。中央駅では建築家ノーマン・フォスターが、歴史的な鉄骨構造の間に、透明なテフロン・メンブレンを張りました。 軍事史博物館は、ダニエル・リーベスキントの大胆な設計に沿って、近年増改築が行われています。 「青い奇跡」も、建設当時は大胆なものと評されました。アバットだけで支えられたヨーロッパ最初の橋で、建築技術上の “奇跡” だったのです。ちなみに橋上からは、素晴らしい眺めを楽しめます。

そして、もし12月にドレスデンを訪ねるのなら、もうひとつの文化イベント “シュトリーツェルマルクト” が待っています。 これは、1434年に初めて記録に現れた、ドイツ最古のクリスマスマーケットで、今日に至るまで光と色、香りのフェスティバルであり続けています。 グリューワイン (赤ワインベースのホットカクテル) やクリスマス菓子、熱い焼き栗に囲まれて、感動的で厳粛な雰囲気を堪能してください。そして、クリスマス菓子のクリストシュトレン ─ ここではシュトリーツェルと呼ばれています ─ を試してみてください。これもまた「世界的に有名な」という表現がぴったりのドレスデン名物です。

Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

世界の旅行者からの声

Stollenfest

The Christmas Stollen (fruit cake) of Dresden is famous all over the world. It was already baked in the 15th century, and in the 18th century the Stollenfest was born. In 1730 August II the Strong ordered the Bakers’ Guild of Dresden to make a giant 1.7-ton Stollen. In 2013 the giant Stollen was 4 tons heavy and was paraded in the traditional way on the back of a horse-drawn carriage through the city. At Striezelmarkt, one of the most beautiful Christmas markets of Germany, the giant Stollen gets sold for a good cause. This year it took 2,5h hours and the whole Stollen was gone. For sure you can also buy smaller Stollen at Striezelmarkt and everywhere else in Dresden during Christmas time. The Stollenfest always takes place on the Saturday before the second Sunday in Advent. A fun event to get into Christmas mood!

続きを読む »

yvonne@justtravelous.com

Eierschecke

Eierschecke: A Sweet Saxon Dessert

Eierschecke is the Saxon interpretation of cheesecake. It often comes with an apple topping. In the 14th century “Schecke” was a piece of clothing that men would wear, much like a long robe with a tight waist. The waist would divide the robe into three pieces (top, waist, lower skirt) much like the dessert, which consist of three different layers. You can get them at all the bakeries so make sure you plan for a coffee & cake break while visiting!

続きを読む »

lea@reiseblogger-kollektiv.com

Erich Kästner Museum

Exploring the Life of the German Author Erich Kästner

Remember Lindsay Lohan in the role of a young girl finding out about her twin sister in the 1996 movie “The Parent Trap”? One of the many movies that's based on one of Erich Kästner's great writing. The author was born in Königsbrücker Straße, not far from the place that now houses the Erich Kästner mirco museum – not your everyday museum. Much like in a traversable treasure chest you can walk through the museum and open draws that will reveal bits and pieces of Kästner's life and work. The deeper you dig through photos, letters, old theater programs and books, the more you'll want to read!

続きを読む »

lea@reiseblogger-kollektiv.com

Dresden Hygiene Museum

Explore The Human Body in Dresden

If you're into biology and like watching documentaries on the human body this is a must see when you're in town! The Hygiene Museum Dresden is one big adventure to explore the human body. The permanent exhibition displays a large part of the museum's extensive collection, which is made accessible to all ages with the help of media units and interactive elements throughout the museum. The museum itself dates back to the early 20th century. It was first opened by a local businessman and manufacturer of hygiene products. The museum was also the first museum to host the International Hygiene Exhibition in 1911. Since 1930, the best known object is probably the “Transparent Man” - a life-size human skeleton with artificial internal organs as well as arteries and venes. The “Gläserne Mensch” (literally: glass human) has also become a symbol for the museum itself.

続きを読む »

lea@reiseblogger-kollektiv.com

Frauenkirche - Church of Our Lady

Frauenkirche - Church of Our Lady

The Frauenkirche is actually a relatively new sight – at least for for Dresden locals. The Lutheran church vanished from Dresden's skyline in the devastating bombings of the city during World War II in 1945. The ruins where then kept as an anti-war memorial and restoration didn't starting until after the reunification of Germany in 1989. 60 years later in 2005 it was finally reopened. The costly reconstruction of the dome was financed with donations. One very large donation came from Günter Blobel, an American with German roots. He had seen the Church of Our Lady just before the city was bombed and took an interested in restoring the city. In 1999 Blobel won the Nobel Prize for medicine and donated the entire amount of his winning money towards the rebuilding of the Frauenkirche and other restoration works in Dresden. If look at the church from the outside you'll spot some dark stones in the walls – those are the original stones.

続きを読む »

lea@reiseblogger-kollektiv.com

Semperoper

Semper Opera

The Dresden Opera House, more commonly known as the Semperoper, is only a short walk from the famous Zwinger complex in Dresden. It's another prime example of baroque architecture and amazes millions of visitors even just from the outside. If you want to see it from the inside you can either go on a tour or if you have the time and an interest in Opera get some tickets for one of the shows at night. If you look at the main entrance from the front side you'll find two huge statues. One is of the famous writer Friedrich Schiller (right hand side) and the other one depicts Johann Wolfgang von Goethe. Both of them where part of the Weimar Classicism, a cultural and literary movement in Germany in the 18th century. If you walk around the building you can spot some more statues of famous thinkers and artists such as Shakespeare, Moliere as well as Roman and Greek gods.

続きを読む »

lea@reiseblogger-kollektiv.com

Zwinger Palace

Zwinger Palace

The Dresden Zwinger is one of Germany's best known and most magnificent baroque buildings. It was commissioned to Matthäus Daniel Pöppelmann by Augustus the Strong in 1710. He demanded the architect to include an Orangery for growing oranges, which in those days where called golden apples. As the name already suggests, golden apples where a symbol of power and influence and thought to bring good fortune. Most likely the reason why August the Strong had his people plant over a thousand plants. Today the Zwinger accommodates several museums and stages for music and theater shows. Even if you don't go inside the museum make sure you check it out from the outside and you'll see what Goethe meant when he described it: “I entered this sanctum, and my sense of amazement transcended every conception that I had ever previously had."

続きを読む »

lea@reiseblogger-kollektiv.com