エッセン
都市を選択

エッセン-道を定め、新しいものを楽しむ

サービス、科学、デザイン、医学の拠点を目指す強力な変革への出発の息吹をエッセンの至る所で見聞きができます。 現代と過去、鉄鋼とロマン主義の歴史と物語、明日のための昔の芸術と文化:矛盾ではなく、ひとつの新しい都会の捉え方で、これがエッセンをルール大都市圏の魅力ある町にしています。

昔は鉄鋼、今日では新しいもの、伝統にとらわれないもの、芸術、自己演出のための目と耳。 たとえば文化の径を辿ると:372の青い石が82の建築、インスタレーション、光アート、彫刻、石像への径を示し、それは82の驚き、笑い、休憩、論議となります。 偉大なアルヴァ・アアルトのプランで建設したオペラハウス、フォルクヴァング芸術大学、グリロ劇場、ポスター博物館、ドイツ最大で今も上映している最古の映画館のリヒトブルクなどがこのルート上にあります。

市中心部のブルク広場にはヨハネス教会、大聖堂、大聖堂宝物館、司教宮殿があり、旧ユダヤ教会と平和教会が見える美しい市街アンサンブルを作り、1958年にドイツで最初の歩行者天国となったケットヴィガー通りは人気のショッピング通りです。 毎年夏の初めに行われる文化の径祭りには音楽、演劇、ダンス、イルミネーションがあり、ケットヴィガー通りはこの地方最長のグルメ通りに変身します:「エッセンで満足」という標語は、ダイエットする人、固く決意した人には挑発的です。

エッセンには別の芸術と出会える瞑想と静寂の場所もあります。 エッセン大聖堂の宝物には中世初期の重要な美術品のひとつである黄金のマドンナ、世界で最初に造られたマリア全身像があります。 高さ74cmの彫刻は1000年以上前、エッセンの女子修道院長マティルデが治めていた頃に彫られたもので、彫刻したポプラに金箔が貼ってあります。 観る人の注意を引く像の母と子の目には、光る青のエナメルが使ってあります。 教会の開館時間に宝物館も開館し、入場は無料です。

世界的に人気の商品はレッド・ドット博物館に陳列されています:さまざまな展示品がありますが、模範的なデザインということが重要で、国際的に認められたレッド・ドット賞を受賞した製品が展示されています。 レッド・ドット博物館は現代デザインの最大の展示:世界から1,000点の製品が4,000平米余のスペースに展示されています。展示場自体最高のデザイナー作品です:ノーマン・フォスターの設計。

ハイライト
Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました