ハーメルン
都市を選択

ネズミ好きの町:ハーメルン

柔和なヴェーザーベルクラント丘陵に抱かれた町ハーメルンは、ハイキング、散策、サイクリング、ボート遊び、船旅の起点となっています。 ここは普段は嫌われているあの小さな動物と知り合いになるよい機会です:ここではよいネズミが見られます。

ルネッサンス様式が多いのですが、りっぱな木骨組や砂岩造りの家が歴史的な町の景観を作り、建物の保存修復は模範的です。 旧市街の中心はオスター通りと馬市場で、その間にある曲がりくねった狭いチャーミングな小路には、カフェやレストラン、賑やかなビアガーデン、小店舗があり、ぶらついたりショッピングに最高です。

どこでもネズミ-楽しさいっぱい

ネズミの跡を辿ってみます:石畳にある何千というネズミが見どころへ案内してくれます。 解雇された笛吹き男は、1294年にハーメルンの子供を笛の調べで町の外へ連れ去り、この子供たちを二度と見ることはなかったという伝説とこのネズミ達は関係があります。 美しい大きなルネッサンス様式のネズミ取り笛吹き男の家は、町の中心にあり、この事件を思い起こさせます。 ここは現在レストランとなっており、安心して入れますし、料理には定評があります。 結婚式の家もネズミと深く関係しています:毎日数回ネズミ取り笛吹き男の伝説を見せる人形仕掛けは、おもしろい見もので、その音も笛吹き男と関係があります:毎日9時35分に結婚式の家のグロッケンシュピールはネズミ取り笛吹き男の曲、11時35分にはヴェーザー川の曲を奏でます。 5月中旬から9月中旬までの毎日曜日の12時に、野外でネズミ取り笛吹き男の劇が上演されます:歴史的な衣装を着けた約80人の出演者が、ハーメルンから子供を連れ去る場面を演じます。 ドイツではミュージカル「キャット」があちこちで好評を得ていますが、この町のロングラン・ミュージカルは「ラッツ」です。 それに加えてほぼ7メートルの高さの「踊るネズミ」というモービルオブジェがヴェーザー川に立てられ、作品テーマのようにネズミが楽しくはしゃいで風と戯れています。

別のハーメルン

もう十分? ネズミがいなくても、ハーメルン最古の教会である9世紀に建てられた聖ボニファティウス大聖堂のような美しい教会建築は、見る価値があります。 あるいは1200年前に建立された市場の教会である聖ニコライや、1713年建築の素朴で美しいバロック様式の駐屯軍教会があります。 ヘーフェホーフの工場敷地にあるショッピングモールでハーメルン滞在の楽しい仕上げ:自然食品店、ワインショップ、専門店、国際的なレストランなど。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました