イェナ
都市を選択

イェナ:歴史とハイテクで知られる、ザーレ渓谷の美しい都市。

ショットグラスやカール・ツァイスといった企業で有名なイェナは、産業・文化の伝統と研究、イノベーション、学術活動が魅力的に結びついた都市です。 このような特徴は、研究所や教育機関だけでなく、美しい旧市街 ─ 歴史が豊かで居心地の良い場所 ─ のクナイペ (ドイツ風居酒屋) でも感じられます。

光とガラスとレンズ:イェナは19世紀後半に、カール・ツァイスとオットー・ショット、エルンスト・アッベの3人のおかげで、ドイツ屈指の工業都市に発展しました。 彼らを中心とする産学協同が、世界的に有名なツァイス製品やショットグラスを生み出し、イェナに科学都市という “第2の基盤” をもたらしたのです。市内にあるミュージアムの数々が、このような歴史を今に伝えています。 ショットグラス博物館と光学博物館 ─ カール・ツァイスとエルンスト・アッベの生涯と業績に捧げられた博物館 ─ が代表格となっているのも納得がいくはずです。 さらに、アルテ・ゲーレという建物にある市立博物館やクンストホーフ イエナ(美術ギャラリー) といった、文学・芸術史に関するミュージアムも興味深いものです。 イェナの都市景観においては、偉大な人物と関わりのある、記念碑的な建造物が特徴になっています。 その中には、1926年にオープンしたツァイス・プラネタリウムやイェンタワーが含まれます。望遠鏡のような形をしたイェンタワーは、今日に至るまで市内で最も高いビルであり、新連邦州 (旧東ドイツ) 内でも2番目の高さを誇ります。

実用主義的に完成年で呼ばれている、3棟の高層ビル ─ ドイツ初の高層ビルであるバウ (建物) 15とバウ36、バウ59 ─ も、市中心部で際立つ存在です。 ザーレ渓谷という素晴らしいロケーション、そして周囲に連なる貝殻石灰岩の山々も、イェナへの旅を特別な体験にしています。 ゲーテもそう感じていたようで、しばしば好んでイェナを訪れ、結局5年間この都市で過ごしました。 その倍の年月をこの地で暮らしたのがフリードリヒ・シラーです。 シラー小路のシラー記念館 (元々はガーデンハウス) は、たくさんの文学ファンが訪れる “聖地” であり、庭にはシラーとゲーテがよく一緒に座った楕円形の石テーブルが残っています。 手入れの行き届いた旧市街の通りには、今も昔も学生風で文学的な “くだけた雰囲気” が漂っています。もちろん現在は、シックなカフェや美味しいレストラン、小綺麗なショップもありますが……。 そして旧市街では、イェナの「七不思議」のいくつかを今日なお目にできます。ひとつは市庁舎の天文時計、もうひとつは頭が7つある恐ろしい竜 “ドラコ” (1600年頃) で、これは大学の試験委員会を象徴したものと考えられています。

ハイライト
Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました