ケンプテン
都市を選択

アルゴイ地方の中心、息づく歴史:ケンプテン

美しいアルゴイ地方の中心の都会ケンプテンは,ドイツでももっとも古い町のひとつです。 ケンプテンは明るい軽快な町、旅行者を心からもてなすオープンな町であり、貴重な美術品と豊かな文化遺産を誇りにしています。 好きになる町、再び訪れたい町。

今日では調和した美しい景観のあるバイエルン地方の雰囲気溢れる町ですが、過去何百年にもわたって相対する勢力が張り合う二重都市でした:一方はカトリックの領主僧院長が治める司教都市、もう一方は新教の帝国自由都市でした。 聖マング広場のエラスムス礼拝堂でこの激動の歴史をまじかに見ることができます。 地下にある考古学ショールームに入ると、ミステリー旅行に入ったような感じです:最新の光と音響の技術で遺跡がライトアップされ、そこにある700ほどの骸骨、もっとも古いものは1300年以上前、が語ります。 この小旅行の後、聖マング広場にあるユーゲントシュティール噴水、その向かいに立つ「赤い家」、66メートルの塔のある聖マング教会に注目。

水、土地、新鮮な空気:アルゴイ地方の楽しみ

ケンプテンの町はとてもきれいですが、同じようにこの地方の風景もすばらしくきれいです:穏やかな丘陵のアルゴイアルプス山麓の風光に抱かれたケンプテンは、ハイキング、水浴、サイクリング、ゴルフ、テニス、ラングラウフスキーの理想的な「ベースキャンプ」です。 ウェルネス はここでは非常に重要で、湖ではカヌーやヨットが楽しめ、パラグライダーのパラダイスになっています。 古い民俗風習もよく保存され、今に生きています:夜の大篝火フンケンフォイヤー、五月の木マイバウム、牛追い、収穫祭、静かな十二夜は、とても感動的です。 オーベルストドルフはケンプテンに近い美しい行楽地で、ボーデン湖やメルヘン王城の ノイシュヴァンシュタイン城 やホーエンシュヴァンガウ城、オットーボイレンのバジリカ教会もここからの小旅行に最適です。

歴史の楽しみ。 その後のお楽しみ

その昔、ローマ時代にカムボドゥヌムと呼ばれた町ケンプテンにはその時代の発掘品が多く、それを展示するローマ博物館があり、さらにカムボドゥヌム考古学公園、アウグストス皇帝時代の居住地に関する博物館や発掘現場があります。 現代に少し近いところでは、南部ドイツでも独特のロココ様式の豪華な部屋で有名なレジデンツ宮殿があります。 今日のケンプテンにやっとたどり着きましたが、ケンプテンはショッピングの町です:売り場面積は20万平米以上というショッピング天国ケンプテンは、観光で歴史を満喫した旅行者のもう一つの楽しみです。 専門店、デパート、ブティック、画廊などなどいろいろな商品とショッピング体験が揃い、休憩と食事にはカフェやアイスクリームパーラー、レストラン、ガストホーフがあります。 ショッピング、飲食の楽しみ、散策、滞在:ケンプテンは、町の偉大な歴史以上の楽しみがあるところです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました