クルムバッハ
都市を選択

フランケン地方的、陽気で親しみやすく、グルメに最高:クルムバッハ

フランケン地方はドイツでもっともゲミュートリッヒ、つまりくつろげて楽しい地方といわれますが、クルムバッハはそのフランケン地方の応接間みたいなところです:美しい歴史的な都市で、親切で落ち着きがあり、パン、ビール、焼きソーセージが有名です。 クルムバッハを訪れるのは簡単ですが、去るのは難しい町です-小さなクルムバッハはとても愛らしく魅力があるので。

遠くから堂々としたプラッセンブルクの城が見えてくると、クルムバッハが近いことが分かります。城は12世紀に アンデックス・メラニエン伯により築かれ、幾世紀の間に改築や破壊の歴史を経てきました。 18,19世紀にはあまり尊敬すべきことではないですが、牢屋として使われ、 20世紀になって 修復され、良い目的のために使われるようになりました:今日では城内に複数の博物館と世界最大の錫人形コレクションがあります。

マルクト広場と浴場バートハウスのにぎわい

13世紀にはすでに マルクト広場は商売で活気がありました。 今日、広場のルイトポルト噴水の周りには、手工芸職人や商人は少なく、カフェやビアガーデンや店でにぎわい、週に2回農家市場が立ちます。 マルクト広場は、市民祭りと クリスマスマーケット の絵のような舞台であり、美しいまとまりのある建物群の景観はすばらしいものです。 近くに1398年に記録に現れる古いバートハウス浴場があり、事実19世紀に 公共浴場として使用されていました。 その後市が建物を買い取り、修復して1999年に博物館と美術館としてオープンしました。 建物の歴史はよく記録されています:全ドイツでたった8つしかない研究対象の修復された浴場のひとつです。

フランケンの必需品:ビールとパン

フランケン地方はワインの産地ですが、クルムバッハではその面は感じられません。 この町で醸造されたビールは評判がよく、バイエルン醸造博物館はバイエルン とフランケン、とくに上部フランケンとクルムバッハの醸造技術に関する展示をしています。 液体の黄金、液体のパン、表現はどうであれ愛飲家にとっては魅力の場所です。 創造溢れる工夫、インタラクティブの展示、それにあらゆるビール瓶、ラベル、コースター、ポスター、ブリキやエナメルの看板、グラスがあり、エキスパートでも目を丸くしてしまいます。 ハイライトはガラス製煮沸釜とぴかぴかの銅製のタンクです。 見学の後はおまちかねの新鮮なビール、舌に自信のあるかたはビール・エキスパートテストに挑戦できます。 同じようなテーマのバイエルン・ベーカリー博物館があります:展示面積1500平米でパンの文化を紹介し、見学の後で博物館ベーカリー製の美味しいパンを試食します。 クルムバッハを象徴するものは:この町ではいつも美味しい食べ物と飲み物を大切にしています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました