リューネブルク
都市を選択

中世、居酒屋、塩、活気:リューネブルク

エキサイティングでいろいろ体験できる都市滞在、自然にふれレジャーいっぱいの休養になる休暇:リューネブルクはエルベ川とハイデ原野に挟まれた牧歌的な風光の中にある町で、望み通りの休暇が過ごせるところです。 リューネブルクは歴史ある塩とハンザ同盟の都市ですが、周囲を魅力ある風光に囲まれていて、いろいろな楽しみが味わえます。

千年余りの歴史をもつリューネブルクは、北ドイツでもっとも美しい都市のひとつであることは疑いの余地がありません。 リューネブルクは第二次大戦を無傷で生き延びたので、夢のように美しい中世の都市景観が保たれています。 リューネブルクは大学都市でもあり、何千という学生が町に若さと活気を与えています。 リューネブルクはドイツでもっとも居酒屋の密度が高い町、と言われています。 美しい古い切妻屋根の家に店を構える専門店を巡る中心市街のショッピングも楽しみのひとつです。

富、名声、白い金

今日でも旅行者はいたるところで「塩」に浸かった町の歴史を見聞することになります。 一千年余りの長きにわたり製塩所で塩が作られ、この白い金の交易でリューネブルクは高い名声を獲得しました:リューネブルクは、ベルゲン、ヴィスヴィ、 リューベック と並んでハンザ同盟のもっとも重要で裕福な都市のひとつでした。 かつての製塩所にあるドイツ塩博物館は、触れたり実験したりできる体験型の博物館で、中世から今日までの塩に関するすべてを展示しています。 昔のイルメナウ港にある歴史的な港のクレーンは、塩の交易に使用され、ウォーターフロントエリアでひと際目立つリューネブルクの象徴となっています。

博物館、静寂のオアシス、塩の恵み

まるで野外博物館のようにみえるリューネブルクの歴史的中心街には、価値ある博物館があります。 たとえば、原始時代から1945年までの東プロイセンの文化と歴史を扱う東プロイセン州博物館、すぐその隣に1200年間の飲用容器の珍しい収集のある北ドイツ醸造博物館です。 失望のないように伝えておきます:バイキングが蜂蜜ワインを飲んだといわれる髑髏はありません。 市の中心から歩いて数分のところに1172年に創設されたベネディクト派尼僧院リューネがあり、古い美しい樹木と果樹園の中の静寂のオアシスです。 市街の南端にあるクア公園は、ゆったりできる英国風景公園です。 公園は、今日でも塩水が湧く塩水テルメリューネブルクのザリュー「SaLü」との境になります。 塩水が製塩所の枝を伝わって垂れ、塩を含んだ霧となり、それを吸うと肺が活性化します。 丸く収めるもの:リューネブルクではすべてが塩を中心に動いています。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました