マイセン
都市を選択

どこも磁器の完成美:マイセン

磁器人形の完成した美-マイセンの特徴を表しています。 実際この町は、世界中で青い交叉する剣のマークのマイセン磁器で世界的に知られています。 この千年の古き都を訪れる人は、高貴な磁器に出会うだけでなく、特別な輝きのある場所を見ることになります。

マイセンに来て州立マイセン磁器製造所を見学しない旅行者はいません。 すでに13世紀より 磁器を中国から高いお金を払って輸入しましましたが、18世紀の初めに 柔らかくほのかに光る高貴な磁器の愛好者で収集家であったザクセンの選帝侯の命により、研究者達が製造の秘密を解こうとしていました。

州立マイセン磁器:300年余りの世界的名声

すぐその後、アルブレヒツブルク城にマイセン磁器工房が設けられました。 ここで150年以上工房は続き、その後マイセン市内のトリービシュタールの新しい製造所に移りました。 後期ゴシック様式のアルブレヒツブルク城自体も見どころです:エルベ川の上にそびえる城は、ドイツで最初の宮殿建築で、城内には複数の博物館や美術館、もちろん市の誇る磁器の収集が展示されています。 1929年にゴシック様式のフラウエン教会の塔にマイセン磁器製の鐘の仕掛け時計が付けられ、すばらしい響きを奏でています。 ニコライ教会にはマイセン磁器製の最大の像があります。 それほど有名ではありませんが、マイセンの伝統に錫製品作りがあります:1792年に創設された錫器製造は、 ザクセン州 でもっとも古い現在も操業している製造所で、きれいな博物館があり、ほぼ忘れられた手工業を偲ばせます。

大きな祭りとドイツ最小の ワイン生産地域

磁器や錫製の人形とは対照的に、ゴシック様式のマイセン大聖堂は遠くから見ることができます。 不釣り合いな塔が特別な魅力を作っています:西の両塔は1904年から1908年の間にやっと完成しましたが、南東の塔は14,15世紀に建てられたものです。 Jahrhundert. 一年を通じてさまざまな祭りやフェスティバルがあり、多くの人がマイセンを訪れます:ピアノフォルテ音楽祭、マイセン音楽マラソン、陶器市、ロマンチックなマイセンのクリスマスマーケットが毎年恒例の行事です。 9月に開催される伝統あるマイセン・ワイン祭りも忘れてはなりません:ドイツでもっとも小さい ワイン生産地域 は、ワイン通も高く評価し、独特の美味しいワインを産します-そこで楽しい祭りがあります。 エルザスのぶどうの種類から作った独特のぶどうの種類ゴルト・リースリングは、このマイセン地域でしか栽培されていません。 マイセンもちろん沿道にありますが、 ザクセン・ワイン街道に沿って雰囲気のある親しみやすいワインレストランが並び、夏には醸造業者が直営店を出します-グラスはマイセン磁器とはいきませんが。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました