ミュンスター
都市を選択

ミュンスター:若々しい魅力に溢れる歴史都市。

1200年以上の歴史を誇るミュンスターは、若々しくて自信に満ち、世界に開かれた都市です。 これまで司教座やハンザ同盟、大学の都市として、地域の内外で重要な役割を果たしてきました。 そして何より、ヴェストファーレン条約 (ウェストファリア条約) の締結地として、世界史に名を残しています。

ドイツで最も美しい都市? 確かにそう考える人も多いようですし、以前「世界で最も住みやすい都市」に選ばれたという事実が、この主張を後押ししています。 いずれにしても、この都市には歴史が生き生きと息づいており、市内の家屋や教会、広場などが様々な過去を物語っているのです。 とりわけミュンスターの歴史的な中心部、たとえばプリンツィパルマルクトに立つと、それがよく分かるでしょう。 特徴のある都市景観の中で、切妻造りの建物48軒が、類い稀な雰囲気を醸しています。中でも際立った存在が、いずれもアーケードを備える、市庁舎とシュタットヴァインハウスです。 もっとも、このあたりはショッピングに絶好の場所なので、過去より現在に興味が向いてしまうかも知れません。 プリンツィパルマルクトのすぐ横では、ミュンスター最古の商店街であるザルツ通りが、数々の観光名所で散策や休憩に誘います。中でも「バロック島」と呼ばれる一画には、エルプドロステンホーフ館とドミニコ教会、クレーメンス教会 (と美しいバロック庭園) が集中しています。 もう少し進むと、レストランやカフェ、クナイペ (ドイツ風居酒屋) が並ぶルートゲリ地区です。 次に来るのは、遊歩道のローテンブルクで、ドルッフェルシャー・ホーフという旧貴族邸にはパブロ・ピカソ美術館が入っています。 そしてドーム広場に出ると、堂々たる聖パウルス大聖堂と大聖堂宝物庫、州立芸術・文化史博物館が姿を現します。さらに、キーペンケアル地区やクー地区も、ミュンスター旧市街における、個性的で魅力的な観光エリアです。 ユーバーヴァッサー教会のあたりは、おそらく昔のミュンスターの面影が一番残っている場所でしょう。曲がりくねった細い路地には、都市の歴史と市民のライフスタイルが溶け合っています。

(ドルトムント=エムス運河沿いにある) 市港のクレアティーフカイは、ミュンスターのトレンド・スポットになっている ─ 穏やかな夏の夕べに限らず ─ おすすめの場所です。 水際の趣豊かな場所にある、古い港湾建造物やユニークな新築ビルでは、芸術と文化、あるいはガストロノミーとクラブを、ほぼ24時間中楽しむことができます。 同じくハーフェン地区には、2004年に現代芸術ホール (AZKM) がオープンしました。 ここでは、国内・国際レベルの現代芸術家たちの個展やグループ展が、定期的に開催されています。また、すでに有名な人物だけでなく、将来有望な若手の作品も紹介されます。 これより遙かに長い歴史があるのが自由芸術家協会シャンツェで、1919年以来の活発な展示活動により、ミュンスターの文化シーンに欠かせない存在になっています。 さらに時代を遡ると、歴史上極めて重要な日付に当たります:1648年10月24日は、三十年戦争の講和条約である、ヴェストファーレン条約が公式に締結された日です。 ミュンスターは、永遠にこの出来事と結びついていくことでしょう ─ とはいえ、何よりも重要なのは今現在です。 ミュンスター市民のお気に入りの交通手段である自転車が、この事実を証明しています。 この都市では、10万もの人々が毎日自転車に乗り、住民1人当たり2台の自転車が存在する計算になっているのです。 ミュンスターでは、刑事もまた自転車で現場に急行しますし、中央駅には3,500台駐車可能なドイツ最大のバイシクル・ステーションが設けられています。 ミュンスターらしいスタイルでミュンスターを体験したいのなら、自転車に乗って観光するのが一番です。 ただし、ミュンスターでは自転車がしばしばレーゼと呼ばれることを覚えておいてください。これさえ分かっていれば、何の問題もなく完璧な滞在を楽しめるはずです。 そして、本当にミュンスターがドイツで最も美しい都市であるかどうか、自分で判断することができるでしょう。

ハイライト
Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました