ノイス
都市を選択

ノイス: ライン川の反対側

デュッセルドルフがあるライン川の対岸にまだ蛙が湿地で鳴いていたころ、現在ノイスの町があるところに強大なローマ人のノヴァエジウムが建設され、最大6,500人のローマ軍団兵士が駐屯していました。 ローマ人の居住地からドイツで最古の町のひとつノイスが生まれ、1984年には2000年祭を祝いました。 ライン川の対岸の湿地帯には現在のデュッセルドルフがありますが、デュッセルドルフに来た時にはノイスにも立ち寄ることをお忘れなく。

市民、巡礼者、地方最古のホテル

ローマ人がここに居住したのは理由あってのことでした:ガリアを通りリヨンからトリーアを経由してライン川に至る長距離の街道の終点がここであったことと、ライン、エルフト、リッペ、ルール、ヴッパーといった河川へのアクセスがよいことでした。

ですからノイスでは今日まで、すべてが港と交易を中心に動いているのです。 ノイスの市街地を歩くと、かつて独自の貨幣鋳造権やハンザ同盟都市の特権を持っていた都市ノイスの市民意識が感じられます。 1050年にノイスの聖クイリヌスの聖遺物がノイスに置かれてから、宗教上の重要性が増しました。 聖クイリヌスを奉って後期ロマネスク様式のクイリヌス大聖堂が建立され、2009年に法王ベネディクト十六世がバジリカ・マイナーに指定し、ヨーロッパ中から巡礼者が訪れています。 その他にも重要な教会建築が数多くあり、エミール・ヴァハター作のステンドグラスのあるネオゴシック様式のマリーエン教会、コレギウム・マリアヌム神学校のマリア礼拝堂、聖セバスティアヌス教会、ノイスでもっとも古い新教教会の後期歴史主義様式のキリスト教会があります。 古きノイスを訪ねる観光では、オーバー門、ブルート門、ローマ時代のキベレ祭壇と三軒の美しい古い館も欠かせません:1571年に建てられた「旧カフェーハウス」、1597年の「三聖王館」、1604年建築の下流ライン地方で最古のホテルレストラン黒馬亭「ツーム・シュヴァッテ・ペート」、当時の人は敬虔だったではなく、ワインも嫌いではなかったしるしです。

爆薬と行進曲:市民射撃祭り

ある程度酒に強いとノイスの市民射撃祭りでも得になるかもしれません。 6,750人余りの射手と1,200人の楽団が行進し、ひとつの組合が主催する射手の祭りとしては、世界でもっとも大きいものです。 王の行進、祭りパレード、王の射撃、その他沢山のイベントがあり、ノイス市や近郊の人々が楽しむハイライト行事で、150万人のビジターがあります。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました