オッフェンバッハ
都市を選択

オッフェンバッハ-成功へわが道を行く

オッフェンバッハと フランクフルト が友好的な隣人でありたいとは、なかなか言えません。 相手の町の存在は、歴史の馬鹿ないたずらであるという侮辱的なジョーク、かみつくような皮肉と確信に見られる競争関係です。 とくに隣町のサッカー協会に当てはまることです。

産業文化と手工芸

フランクフルトはその昔オッフェンバッハに属していたと書いてある文書を証拠として見つけられる、と今も信じています。 証明されてはいませんが、オッフェンバッハとフランクフルトは本当に正反対の町であることは、多分当たっているかもしれません。 フランクフルトとは異なりオッフェンバッハでは明確なブルジョワ産業文化が発展し、専門の博物館を訪ねるとそれが理解できます。 たとえば皮革博物館がありますが、オッフェンバッハの皮革加工の長い伝統から生まれた博物館です。 クリングスポール博物館は、ペーター・ベーレンスや有名な活字デザインのボドーニによる活字便覧など、国際的な書籍の装丁や活字芸術を展示しています。 この博物館の土台はカール・クリングスポールの収集品と、1938年にニューヨークに移民したオッフェンバッハの人物ジークフリート・グッケンハイムのコレクションです-今日でもよい響きの名前です。 1800年にオッフェンバッハでリトグラフィーのアートが発明され、以来オッフェンバッハはグラフィック産業の中心地となっています。 有名なオッフェンバッハ・デザイン単科大学、およびデザイン、印刷、グラフィック、フィルムに関連する900の企業により、オッフェンバッハはドイツのもっとも重要なクリエイティブセンターのひとつになりました。

天気予報士と有名なビジター

ドイツ気象台には創造性より正確さが問われますが、1952年よりオッフェンバッハに本部を置いています。 その活動は事後に注意を向けられることが多いのですが、近郊レクリエーション地域、テーマパーク、野外博物館が一緒になったオッフェンバッハの気象公園を訪れることをお勧めします。

ニコロ・パガニーニはここで作られる弦を買うため、ヴォルフガンク・アマデウス・モーツァルトは楽譜を出版するために、多くの創造的芸術家も発展するオッフェンバッハを何回も訪れています。 ゲーテも頻繁にオッフェンバッハを訪れましたが、その理由は少し別で、許嫁がここに住んでいたためです。 現代美術のローゼンガルテン美術館などのオッフェンバッハの美術館博物館、産業革命時代の建物の界隈、アルプス以北でもっとも重要なルネッサンス様式建造物のひとつイーゼンブルク宮殿、立派な教会、公園があり、一度は訪れてみる価値のある都市です。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました