シュヴァインフルト
都市を選択

ボールベアリングとカンバスを結びつける:シュヴァインフルト

工業と芸術:一見矛盾しているように見えますが、シュヴァインフルトではうまく結合して魅力あるひとつのものになっています。 現在もシュヴァインフルトはヨーロッパのボールベアリング製造の中心地ですが、同時に大きな都市も一目置く美術館と博物館を持つ芸術都市でもあります。

もちろん1200年の長い歴史を誇るシュヴァインフルトには、工業の前にも活気がありました。 そして今日までシュヴァインフルトはコントラストを大切にしています:数世紀前の建物のそばにモダンな建築があり、自由都市市民の誇りは労働者の文化と出会い、かつての帝国自由都市は前衛芸術を大切にしています。 新たな変革の風が町を吹き抜け、人々はイメージチェンジという目標に到達できたこと、そしてルーツを否定しなかったことも誇りに思っています。

昨日から今日まで:市庁舎とゲオルク・シェーファー美術館

工業化時代以前の歴史の証は、1570-1572年にマルクト広に場建てられたこの町でもっとも美しい歴史的な建物である市庁舎です。 幾世紀もの間、市庁舎は災害や戦争を無傷で奇跡のように生き延び、第二次大戦でシュヴァインフルトが大きな被害を受けたときも、無事でした。 入り口ホールでは美術展示が行われます。 対照的にゲオルク・シェーファー美術館はすべて美術のためにあります:後期ロココから古典主義、ロマン主義、さらに印象派までの個人コレクションの傑作絵画を展示しています。 とくにシュピッツヴェークの収集は絵画160点、スケッチ110点におよび、カスパー・ダーヴィト・フリードリッヒ、フェルディナント・ゲオルク・ヴァルデミュラー、アルブレヒト・アダム、フリッツ・フォン・ウーデ、ヴィルヘルム・ライブル、アドルフ・メンツェル、フランツ・フォン・レンバッハ、ハンス・トーマ、さらにはロヴィス・コリント、マックス・リーバーマン、マックス・スレフォークト、マックス・ベックマンの作品が展示されています。 美術館の建物自体が現代における重要な美術館新建築となっており、「力強い切れ目、コーナー、角、階段」に特徴のある「宝箱」と批評家が書いています。

屋内プールのアートと旧ギムナジウムの歴史

すばらしい美術館建築の好例としてシュヴァインフルト美術館がありますが、もとは企業家のエルンスト・ザックスが町に寄贈した屋内プールでした:新即物主義的な建築で、大きな容積を利用して理想的な美術館が完成しました。 もう一つのオットー・シェーファー博物館は、デューラーの銅版画を含む約一千の版画、および宗教改革からレアリズムまでのドイツ文学作品の初版本を展示しています。 旧ギムナジウム博物館は、シュヴァインフルトの起源を紹介しています:重点は、8世紀からの歴史、帝国都市時代、市民文化、中世同業者組合、工業化に置かれています。 喜ばしいことにはシュヴァインフルトは今日でも両方を所有しています:工業と芸術。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました