ジンデルフィンゲン
都市を選択

大工業と木骨組の家:ジンデルフィンゲン

ジンデルフィンゲンに旅行することは、メルセデス・ベンツを見ること、そうですよね? その通りです、この大企業の主力工場を見学したい方は、シュトゥットガルトの入り口にある町・・・・ジンデルフィンゲンに行きます。 シュワーベン地方の小さなきれいな町を見たい方も、この町に立ち寄るとよいでしょう。 楽しい買い物もできるところです:昔ここには無数の織物工場があり、今日でも小規模ながら洗練されたファッション企業が数多くあります。

織物産業の町から近代的な産業拠点地に

ジンデルフィンゲンは、木骨組の家が多く並ぶ中世の中心部を核にしてかなり後になって成長したので、シュワーベン地方風独特の温かみが他の町よりも色濃く残っています。 ダイムラー・モーター会社がジンデルフィンゲンに工場を建てた1915年までは、工業誘致はなかなか進みませんでした。 その後十年弱の間に、町は近代的な産業拠点に変貌しました。 それに伴いインフラが大規模に整備され、1970年代に溢れるように税収があったときには、ゼブラゾーンをカラーラ大理石で造ったものでした。

三つの市庁舎と、一つの欧州最大級のストリートフェスティバル

1478年建築の旧市庁舎内にある市博物館と、隣の1592年建てられた塩倉庫ザルツハウスで、市の発展の歴史を辿ることができます。 真ん中の市庁舎が立つマルクト広場にある友好噴水は、一見の価値があります:伝説の馬ペガサス像の噴水を中心に、ジンデルフィンゲンの六つの姉妹都市を表す六つの小さな噴水が囲んでいます マイヒンゲン地区にある三つ目の旧市庁舎には、市美術館の一部が入っています 2010年に開館したシャウヴェルク美術館は、1960年代から現在までのドイツと世界の芸術作品を展示しています。 産業史の展示も興味深いものです:旧織物学校には織物博物館があり、IBMのかつてのパンチカード印刷所は、1994年より「IBM情報処理歴史館」となっています:少し前まで進歩の象徴であったものが、もう博物館に陳列されているのです。

躍動するシティライフは博物館的ではありません:沢山の店やマーケットをのぞいたり、気のきいたレストランやビヤガーデンで美味しいものを味わったり:ジンデルフィンゲンでは洗練されたシュワーベン地方料理から国際的な料理まで好みに合ったものを選べます。 おすすめ情報:ガストハウス・ラムブロイは1823年創業。 6月の第3週末に行われる国際ストリートフェスティバルは、ヨーロッパでもっとも大きなストリートフェスティバルのひとつです。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました