都市を選択

人気の都市テーマ ─ 「訪れたい都市」を見つけ、選択してください…

文化というものは、解釈も定義も様々です。 しかし「ドレスデン」という地名を出せば、具体的なイメージとして伝わるに違いありません。 この都市の文化財は、質も量も圧倒的で、観光客が息をのんで感嘆するほどなのです。 そして、それらの全てが美しい河畔風景の中に嵌め込まれているのを目にすると、驚きは純粋な感動に変わります。

もっと

もしドイツの都市に通信簿をつけたら、さしずめダルムシュタットはクラスの優等生といったところでしょう。 教養があって博識、興味の範囲が広く、上品で洗練された外見……ダルムシュタットは、科学や文学、芸術、建築を通じて、独自のプロフィールを持つに至り、その結果有名になりました。

もっと

ライン川とネッカー川の間に広がる大学都市マンハイムは、これまで交通機関の発展に多大な貢献をしてきました。ここでは、1817年にカール・ドライスが最初の二輪車を製作し、1886年にカール・ベンツによる最初の自動車が道路を走行して、1921年に伝説のトラクター “ランツ・ブルドック” が登場し、1929年にはユリウス・ハトリィが世界初のロケットエンジン搭載飛行機を組み立てたのです。 マンハイムが、とりわけ発明家にとって、居心地のよい場所であることは明白です。

もっと

他の世界都市になくて、ベルリンにあるものは何だと思いますか? まず第一に挙げられるのが、一見無愛想ですが実は温かな魅力があって、この都市特有の雰囲気を醸しているベルリンっ子たちです。 そしてもちろん、偉大な歴史や20世紀の大事件を今に伝え、新たな萌芽や時代精神を映し出している、驚くほど多彩な観光スポットを忘れるわけにはいきません。

もっと

フライブルクは、他の土地より日照時間が長いので人々が陽気なのか、それとも人々が明るいからこそ、より多くの陽光が降り注ぐのか……その答えは神のみぞ知るといったところです。 確かなのは、ドイツで最も南に位置する都市フライブルクは、とても暮らしやすいところだということです。

もっと

ライプツィヒ市民がどれだけ音楽的かは、1989年の「東ドイツ平和革命」でタクトを振ったのが、この都市であったことからも明らかです。 このため、ドイツ再統一後には “英雄都市” の称号が与えられています。また、偉大な音楽家や楽長、作曲家たちとの関係が、ライプツィヒほど広く知れ渡り、現在まで残っている都市は他にありません。

もっと

“ハンザ同盟の女王” リューベックは、 “バルト海沿岸部で最初の西洋都市” として、1143年に建設されました。 中世の面影が残る街並みが、ホルステン門をはじめとする文化的・歴史的な観光名所と共に、素晴らしい都市景観を創り出し、帝国自由都市やハンザ同盟都市としての “栄光の時代” を偲ばせています。

もっと

“モーツァルトゆかりの都市” アウクスブルクは、ドイツで歴史的な重要性が最も高い都市に数えられます。 そして、最も美しい都市のひとつでもあります。 市内の古い通りを歩くと、フッガー家興隆期のアウクスブルクにどれほどの重要性があったか、容易に想像できるでしょう。傑出した金融都市であると同時に、商取引における国際的な中心地、さらには芸術の街でもあったのです。

もっと

近年の歴史において、「旧首都」と呼ばれる都市はそう多くはありません。 ボンは、その数少ない都市のひとつです。 首都でなくなったボンが、 “いばら姫” のような深い眠りに陥ると信じた人たちは、思い違いをしていました。 以前には「連邦村」などと揶揄されていたボンが、今日では国際的な経済・文化都市に変貌を遂げ、かつてないほどに自信に満ちて、世界に開かれているのです。

もっと

ザールブリュッケンは、生き生きとしたカルチャー・シーンやバロック様式の建築物、フランス風の雰囲気、ザールラント的なライフスタイルを持つ、好感度の高い都市であり、大学町や州都、地域経済の中心、見本市開催地としてもよく知られています。 ザール河畔に位置するザールブリュッケンは、3か国にまたがる広域圏の中心であると同時に、穏やかで落ち着いた都市でもあります。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました