都市を選択

人気の都市テーマ ─ 「訪れたい都市」を見つけ、選択してください…

ゲーテとシラー、ヘルダーとヴィーラント、ニーチェ、フュルンベルク、リスト、バッハ、コルネリウス、グロピウス、ファイニンガー、クレー、イッテン…… ワイマール (ヴァイマル) では、ドイツおよびヨーロッパ精神史の至宝ともいうべき、偉大な人物の名前を多数挙げることができます。 ワイマール古典主義とバウハウスは、現在まで “文化の灯台” であり続けていますし、これらに関連する非常に多くのものが、市内で見事に調和しているのです。

もっと

ヨーロッパとして生き、考え、感じている都市、それがアーヘンです。 アーヘンは、ヨーロッパの縮図のような都市です。3か国国境地帯の中心に位置し、カール大帝の時代からヨーロッパの精神的ルーツや価値観、理想と結びついてきました。今日では、カール大帝賞 ─ 1950年以来ヨーロッパ統合に貢献した人物にアーヘン市庁舎で授与される賞 ─ の都市としても知られています。

もっと

ヴッパータールは、ベルギッシェス・ラント地方における最大の都市であると同時に、経済や教育、産業、文化の中心でもあります。 そして何よりヴッパータールは、市の公式スローガンも謳っているように、モノレールの都市なのです。 モノレール沿いには、自意識も歴史意識も高い都市が広がり、驚くようなものが数多くあります。

もっと

近年の歴史において、「旧首都」と呼ばれる都市はそう多くはありません。 ボンは、その数少ない都市のひとつです。 首都でなくなったボンが、 “いばら姫” のような深い眠りに陥ると信じた人たちは、思い違いをしていました。 以前には「連邦村」などと揶揄されていたボンが、今日では国際的な経済・文化都市に変貌を遂げ、かつてないほどに自信に満ちて、世界に開かれているのです。

もっと

ドイツ国内でケムニッツほど「近代的な都市」という表現がぴったりくる都市はありません。 ケムニッツは、産業革命による近代化の時代に興隆し、ドイツの経済と科学のダイナミックな発展に、今日まで刺激を与え続けてきました。と同時に、文化や建築において近代化を象徴する都市でもあります。

もっと

他の世界都市になくて、ベルリンにあるものは何だと思いますか? まず第一に挙げられるのが、一見無愛想ですが実は温かな魅力があって、この都市特有の雰囲気を醸しているベルリンっ子たちです。 そしてもちろん、偉大な歴史や20世紀の大事件を今に伝え、新たな萌芽や時代精神を映し出している、驚くほど多彩な観光スポットを忘れるわけにはいきません。

もっと

そもそもフランクフルトは、極めて近代的な都市です。 ビジネスや建築、さらにはヨーロッパで3番目の規模を誇る空港も最先端にあります。 もしかすると、だからこそフランクフルトは、種類も構成も規模も異なるミュージアムに、特別な愛情を育んできたのかも知れません。 もっとも、ここでも「いつも少し時代に先行しながらも伝統を守る」というモットーを守っているようです。

もっと

「世界を広く見聞して、ハンブルクに戻る」というのは、考えられる最高の旅行計画ではないでしょうか。 世界への玄関、美しい港町、北ドイツ沿岸部の大都市 ─ 普段は控えめなハンザ市民たちも、故郷の街やその雰囲気、国際的な香りへの誇りを隠すのは、少々難しいようです。

もっと

レバークーゼンは、世界企業バイエル社が本拠をおく、工業都市として広く知られています。 とはいえ、決してそれだけではありません。ベルギッシェス・ラント山地の麓という素晴らしいロケーションもあって、様々なレクリエーションが楽しめ、市街地には都会の香りが、郊外には牧歌的な情緒が漂う都市なのです。

もっと

自動車の運転が好きな人。 あるいは、自動車に憧れを抱いている人。 そのような人たちにとって、シュトゥットガルトは考えられる最高の場所です。というのも、ここは自動車発祥の地というだけでなく、自動車の歴史が他にはないほど生き生きと息づいているからです。心に抱いている “自動車への想い” は、シュトゥットガルトを訪れる度に、リアリティを持つようになります。

もっと

“モーツァルトゆかりの都市” アウクスブルクは、ドイツで歴史的な重要性が最も高い都市に数えられます。 そして、最も美しい都市のひとつでもあります。 市内の古い通りを歩くと、フッガー家興隆期のアウクスブルクにどれほどの重要性があったか、容易に想像できるでしょう。傑出した金融都市であると同時に、商取引における国際的な中心地、さらには芸術の街でもあったのです。

もっと

ドクメンタで現代芸術シーンの中心的な存在になったカッセルは、グリム兄弟の遺産もあり、ドイツで最も刺激的な文化都市のひとつと評されています。 また、伝統と革新が繰り返し結びつけられてきた場所であり、さらにはヨーロッパで最も美しい公園に数えられるヴィルヘルムスヘーエやヘラクレス像といった類い稀なシンボルを有しています。

もっと

ベル・エポックの頃のバーデン・バーデンは、富豪や美女が集まる、ヨーロッパの夏の首都でした。今日では、高度な医療を提供する、温泉・文化都市として世界的に有名です。 バーデン・バーデンは、華やかなフェスティバルと他の追随を許さないエレガンスにより、特権や格式、贅沢なライフスタイルの代名詞になっています。 クアにしろ文化にしろ、この都市は常に最高のものだけを提供しているのです。

もっと

文化というものは、解釈も定義も様々です。 しかし「ドレスデン」という地名を出せば、具体的なイメージとして伝わるに違いありません。 この都市の文化財は、質も量も圧倒的で、観光客が息をのんで感嘆するほどなのです。 そして、それらの全てが美しい河畔風景の中に嵌め込まれているのを目にすると、驚きは純粋な感動に変わります。

もっと

もし、生きる喜びや祝う楽しみを司る遺伝子が存在するなら、ケルンっ子たちはたくさん受け継いでいるに違いありません。 というのもケルンは、心に響くもの ─ たとえば、人生を基本的にポジティブなものとして捉えるスタイルやフィーリングなど ─ を大事にしているからです。 その中には、カーニバルやケルシュ (ケルンの伝統的ローカルビール) 、そしてもちろんケルン大聖堂が含まれます。

もっと

ブラウンシュヴァイクは、伝統的であると同時に近代的な大都市で、豊かな歴史を伝える印象的な建築物、そして数世紀にわたって魅力を保ってきた美しい市街地があります。 その一方で、「ハッピー・リッツィ・ハウス」のような現代建築、活発なアート&カルチャー・シーン、さらには広大な公園も、この都市の魅力として挙げられます。

もっと

もしドイツの都市に通信簿をつけたら、さしずめダルムシュタットはクラスの優等生といったところでしょう。 教養があって博識、興味の範囲が広く、上品で洗練された外見……ダルムシュタットは、科学や文学、芸術、建築を通じて、独自のプロフィールを持つに至り、その結果有名になりました。

もっと

ルートヴィヒスハーフェンは、化学によって発展した、ライン河畔の都市です。元々は小さな集落でしたが、19世紀になって歴史の舞台に登場し、後に芸術と文化が新たなアイデンティティをもたらしました。 もちろん、ライン河畔の他の都市と同様に、ルートヴィヒスハーフェンも魅力的な観光地です。都会的でありながら緑が多く、興味深い歴史を持ち、独特の魅力を放っています。

もっと

かつてドイツを代表する炭鉱地域だったルール地方は、現在では500万人を擁するヨーロッパ最大級の人口密集地域であり、欧州大陸屈指の文化地域でもあります。 ここでは、ボーフムやドルトムント、デュイスブルク (デュースブルク) 、エッセン、オーバーハウゼンといった都市が、驚きに満ちた大都市圏を形成しているのです。

もっと

世界最大の見本市会場はどこにあると思いますか? 東京でしょうか? 残念ながら違います。 シカゴ? ロンドン? それとも上海? 全部ハズレ。 フランクフルト? おしい! 正解はハノーファー (ハノーバー) です。 この都市は、近代的な見本市会場により、世界経済の原動力 ─ あるいはアイディアやイノベーション、投資の象徴 ─ になっているのです。

もっと

かつてドイツを代表する炭鉱地域だったルール地方は、現在では500万人を擁するヨーロッパ最大級の人口密集地域であり、欧州大陸屈指の文化地域でもあります。 ここでは、ボーフムやドルトムント、デュイスブルク (デュースブルク) 、エッセン、オーバーハウゼンといった都市が、驚きに満ちた大都市圏を形成しているのです。

もっと

かつてドイツを代表する炭鉱地域だったルール地方は、現在では500万人を擁するヨーロッパ最大級の人口密集地域であり、欧州大陸屈指の文化地域でもあります。 ここでは、ボーフムやドルトムント、デュイスブルク (デュースブルク) 、エッセン、オーバーハウゼンといった都市が、驚きに満ちた大都市圏を形成しているのです。

もっと

ザールブリュッケンは、生き生きとしたカルチャー・シーンやバロック様式の建築物、フランス風の雰囲気、ザールラント的なライフスタイルを持つ、好感度の高い都市であり、大学町や州都、地域経済の中心、見本市開催地としてもよく知られています。 ザール河畔に位置するザールブリュッケンは、3か国にまたがる広域圏の中心であると同時に、穏やかで落ち着いた都市でもあります。

もっと

ヴォルフスブルクは、20世紀に建設された、数少ない都市のひとつです。1938年7月1日以来の、短いながらも波乱に満ちた歴史の中で、ドイツ連邦共和国における都市計画のトレンドを何度も創り出してきました。 ヴォルフスブルクは、計画的な都市開発の成功例であり、その歴史はフォルクスワーゲン社と密接に結びついています。

もっと

デュッセルドルフでオートクチュールやプレタポルテの新作が発表されるとなると、ドイツのみならず世界中から人が押し寄せます。 年2回開催される「ギャラリー・デュッセルドルフ」は、当時世界最大のファッションフェアだったIGEDOから派生した見本市で、この時期ライン河畔の都市デュッセルドルフは、国際的なファッション・デザイナーやバイヤーたちのメッカになります。

もっと

ライプツィヒ市民がどれだけ音楽的かは、1989年の「東ドイツ平和革命」でタクトを振ったのが、この都市であったことからも明らかです。 このため、ドイツ再統一後には “英雄都市” の称号が与えられています。また、偉大な音楽家や楽長、作曲家たちとの関係が、ライプツィヒほど広く知れ渡り、現在まで残っている都市は他にありません。

もっと

ヴィースバーデンは、ドイツの大都市における “深窓の佳人” といった趣がある、デラックスな都市です。 極めて文化的で、非常にマナーが良く、信頼性や生活レベル、要求の高さが特徴になっています。 伝統や格式において最高の保養地に数えられる、ヨーロッパのウェルネス都市なのです。 サウナに入るにしろ、ディナーを味わうにしろ、散策やショッピングを楽しむにしろ……ここでは、何もかもがトップレベルにあります。

もっと

大いなる海上交易の歴史を持つ商都にして州都のブレーメン、それより1,000年ほど新しいものの歴史と物語に満ちた都市ブレーマーハーフェン ─ この2つの都市が、ドイツ最小の連邦州を形成しています。 と同時に、ひとつの体験ワールドを創り出しています ─ 世界に開かれて、ホスピタリティに溢れ、楽しみが多く、進取の気性に富み、しっかりと伝統を守っている場所なのです。

もっと

ライン川とモーゼル川が合流するところ、世界的に有名なドイチェス・エック (ドイツの角) の周りには、ドイツ最古にして最も美しい都市に数えられるコブレンツが広がっています。 4つの中級山地とブドウ畑、森林に囲まれた、素晴らしい環境の中で、壮麗な宮殿や教会、かつての貴族邸宅、見事な市民家屋が、コブレンツ2000年の歴史を今に伝えています。

もっと

ヴュルツブルクは、歴史と文化、そしてワインが見事に結びついているところです。 レジデンツと大学の都市ヴュルツブルクでは、マイン川の両岸に絵のように美しい街並みが広がり、活気のある雰囲気と愛すべき魅力が満ち溢れています。 フランケン地方を代表するワイン生産地として、類い稀な観光名所のある街として広く知られています。

もっと

メンヒェングラートバッハは、都会の香りと田園の風情が混じり合った、魅力的な雰囲気に包まれています。 そしてメンヒェングラートバッハは、公園と森林が特徴的な “緑の都市” であると同時に、歴史的に重要な建造物や世界的に有名なミュージアム、生き生きとした劇場・演芸・カバレット (政治寄席) シーンなどが存在する、芸術と文化の都市でもあります。

もっと

かつてドイツを代表する炭鉱地域だったルール地方は、現在では500万人を擁するヨーロッパ最大級の人口密集地域であり、欧州大陸屈指の文化地域でもあります。 ここでは、ボーフムやドルトムント、デュイスブルク (デュースブルク) 、エッセン、オーバーハウゼンといった都市が、驚きに満ちた大都市圏を形成しているのです。

もっと

ライン川とネッカー川の間に広がる大学都市マンハイムは、これまで交通機関の発展に多大な貢献をしてきました。ここでは、1817年にカール・ドライスが最初の二輪車を製作し、1886年にカール・ベンツによる最初の自動車が道路を走行して、1921年に伝説のトラクター “ランツ・ブルドック” が登場し、1929年にはユリウス・ハトリィが世界初のロケットエンジン搭載飛行機を組み立てたのです。 マンハイムが、とりわけ発明家にとって、居心地のよい場所であることは明白です。

もっと

シュヴァルツヴァルト (黒い森) やヴォージュ山脈、プフェルツァーヴァルト (プファルツの森) に囲まれて、ライン川流域の平野部に位置するカールスルーエは、テクノロジーとサイエンスの中心であると同時に、ドイツで最も重要な裁判所の所在地であり、さらには国内インターネットの主要拠点でもあります。 カールスルーエは、伝統的に精神風土が他の場所より少しリベラルなので、とりわけ芸術や文化、 “生きる喜び” といったものが自由に育まれてきました。

もっと

数世紀にもわたって、市内で圧倒的な存在感を示してきたウルム大聖堂から、塔が空高く聳えています。 ウルムは、第二次世界大戦時に広範囲にわたって破壊され、戦後は適切な形で都市を再建すべく努力してきました。 そして、要を得た折衷案により、類い稀な都市景観が生まれたのです。市街地には、丹念に修復された建物がある一方で、息を呑むような現代建築物も存在します。

もっと

それをライフスタイルと呼ぶか生活様式と呼ぶかは別にして、ミュンヘンでは非常に大事なものとされています。 場所が、有名な白と青の空の下 ─ ちなみに白と青はバイエルン州旗の色 ─ なのか、あるいは市内の美しい地区なのかは、さほど重要ではありません。 ビアガーデンで、素敵なブールバールで、さらにはFCバイエルン・ミュンヘンのスタジアムで……ミュンヘンっ子は、いつでも最高の面を見せてくれます。

もっと

かつてドイツを代表する炭鉱地域だったルール地方は、現在では500万人を擁するヨーロッパ最大級の人口密集地域であり、欧州大陸屈指の文化地域でもあります。 ここでは、ボーフムやドルトムント、デュイスブルク (デュースブルク) 、エッセン、オーバーハウゼンといった都市が、驚きに満ちた大都市圏を形成しているのです。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました