都市を選択

人気の都市テーマ ─ 「訪れたい都市」を見つけ、選択してください…

メンヒェングラートバッハは、都会の香りと田園の風情が混じり合った、魅力的な雰囲気に包まれています。 そしてメンヒェングラートバッハは、公園と森林が特徴的な “緑の都市” であると同時に、歴史的に重要な建造物や世界的に有名なミュージアム、生き生きとした劇場・演芸・カバレット (政治寄席) シーンなどが存在する、芸術と文化の都市でもあります。

もっと

かつてドイツを代表する炭鉱地域だったルール地方は、現在では500万人を擁するヨーロッパ最大級の人口密集地域であり、欧州大陸屈指の文化地域でもあります。 ここでは、ボーフムやドルトムント、デュイスブルク (デュースブルク) 、エッセン、オーバーハウゼンといった都市が、驚きに満ちた大都市圏を形成しているのです。

もっと

ライン川とネッカー川の間に広がる大学都市マンハイムは、これまで交通機関の発展に多大な貢献をしてきました。ここでは、1817年にカール・ドライスが最初の二輪車を製作し、1886年にカール・ベンツによる最初の自動車が道路を走行して、1921年に伝説のトラクター “ランツ・ブルドック” が登場し、1929年にはユリウス・ハトリィが世界初のロケットエンジン搭載飛行機を組み立てたのです。 マンハイムが、とりわけ発明家にとって、居心地のよい場所であることは明白です。

もっと

ゲーテとシラー、ヘルダーとヴィーラント、ニーチェ、フュルンベルク、リスト、バッハ、コルネリウス、グロピウス、ファイニンガー、クレー、イッテン…… ワイマール (ヴァイマル) では、ドイツおよびヨーロッパ精神史の至宝ともいうべき、偉大な人物の名前を多数挙げることができます。 ワイマール古典主義とバウハウスは、現在まで “文化の灯台” であり続けていますし、これらに関連する非常に多くのものが、市内で見事に調和しているのです。

もっと

ヨーロッパとして生き、考え、感じている都市、それがアーヘンです。 アーヘンは、ヨーロッパの縮図のような都市です。3か国国境地帯の中心に位置し、カール大帝の時代からヨーロッパの精神的ルーツや価値観、理想と結びついてきました。今日では、カール大帝賞 ─ 1950年以来ヨーロッパ統合に貢献した人物にアーヘン市庁舎で授与される賞 ─ の都市としても知られています。

もっと

シュヴァルツヴァルト (黒い森) やヴォージュ山脈、プフェルツァーヴァルト (プファルツの森) に囲まれて、ライン川流域の平野部に位置するカールスルーエは、テクノロジーとサイエンスの中心であると同時に、ドイツで最も重要な裁判所の所在地であり、さらには国内インターネットの主要拠点でもあります。 カールスルーエは、伝統的に精神風土が他の場所より少しリベラルなので、とりわけ芸術や文化、 “生きる喜び” といったものが自由に育まれてきました。

もっと

それをライフスタイルと呼ぶか生活様式と呼ぶかは別にして、ミュンヘンでは非常に大事なものとされています。 場所が、有名な白と青の空の下 ─ ちなみに白と青はバイエルン州旗の色 ─ なのか、あるいは市内の美しい地区なのかは、さほど重要ではありません。 ビアガーデンで、素敵なブールバールで、さらにはFCバイエルン・ミュンヘンのスタジアムで……ミュンヘンっ子は、いつでも最高の面を見せてくれます。

もっと

フライブルクは、他の土地より日照時間が長いので人々が陽気なのか、それとも人々が明るいからこそ、より多くの陽光が降り注ぐのか……その答えは神のみぞ知るといったところです。 確かなのは、ドイツで最も南に位置する都市フライブルクは、とても暮らしやすいところだということです。

もっと

かつてドイツを代表する炭鉱地域だったルール地方は、現在では500万人を擁するヨーロッパ最大級の人口密集地域であり、欧州大陸屈指の文化地域でもあります。 ここでは、ボーフムやドルトムント、デュイスブルク (デュースブルク) 、エッセン、オーバーハウゼンといった都市が、驚きに満ちた大都市圏を形成しているのです。

もっと

ハイデルベルクは、常に若々しくて、ロマンスの香りが漂う、世界的に有名な観光都市です。 堂々たるハイデルベルク城とアルテ・ブリュッケ (古い橋) の間に広がる、夢さながらにロマンチックな景観、トップレベルの文化プログラムとイベント、料理が美味しくてホスピタリティに溢れるガストロノミー、ネッカー川とオーデンヴァルト山麓に挟まれた絶好のロケーション……。

もっと

ヴッパータールは、ベルギッシェス・ラント地方における最大の都市であると同時に、経済や教育、産業、文化の中心でもあります。 そして何よりヴッパータールは、市の公式スローガンも謳っているように、モノレールの都市なのです。 モノレール沿いには、自意識も歴史意識も高い都市が広がり、驚くようなものが数多くあります。

もっと

ドイツ国内でケムニッツほど「近代的な都市」という表現がぴったりくる都市はありません。 ケムニッツは、産業革命による近代化の時代に興隆し、ドイツの経済と科学のダイナミックな発展に、今日まで刺激を与え続けてきました。と同時に、文化や建築において近代化を象徴する都市でもあります。

もっと

他の世界都市になくて、ベルリンにあるものは何だと思いますか? まず第一に挙げられるのが、一見無愛想ですが実は温かな魅力があって、この都市特有の雰囲気を醸しているベルリンっ子たちです。 そしてもちろん、偉大な歴史や20世紀の大事件を今に伝え、新たな萌芽や時代精神を映し出している、驚くほど多彩な観光スポットを忘れるわけにはいきません。

もっと

「世界を広く見聞して、ハンブルクに戻る」というのは、考えられる最高の旅行計画ではないでしょうか。 世界への玄関、美しい港町、北ドイツ沿岸部の大都市 ─ 普段は控えめなハンザ市民たちも、故郷の街やその雰囲気、国際的な香りへの誇りを隠すのは、少々難しいようです。

もっと

シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州の州都キールは、長い間造船や海軍基地の町として知られていましたが、今日では学生たちの活気と落ち着いたライフスタイル、都会的な雰囲気が特徴になっています。 キール峡湾に面した素晴らしいロケーションにある、明るく広々とした市街地で、さらにはデーニッシェ通り ─ 泡末会社乱立時代の建物が並ぶ目抜き通り ─ で、沿岸都市ならではの魅力を満喫できます。

もっと

ゲッティンゲンを訪れるにはドクターの学位が要る……ということはありません。 もっとも、教育の熱意に満ちあふれ、ドイツ国内で他に類を見ないほど大学と学生が目立つ都市ゲッティンゲンでは、博士号が役立つことは間違いないでしょう。 ゲッティンゲンでは、これまで44人ものノーベル賞受賞者が学んだり、研究したり、教鞭を執ってきました。

もっと

「2000年の歴史があり、中世の面影を残す」と聞いて、活気のない都市を想像するなら、それは全くの見当違いです。レーゲンスブルクは、決して古ぼけた都市ではありません。 この都市の世界遺産は、歴史的な建物や広場の中だけでなく、それらの間にも息づいています。 そしてレーゲンスブルクは、ドイツ国内でクナイペ (ドイツ風居酒屋) の密度が最も高い都市に数えられているように、楽しむことを知っている場所なのです。

もっと

もし、生きる喜びや祝う楽しみを司る遺伝子が存在するなら、ケルンっ子たちはたくさん受け継いでいるに違いありません。 というのもケルンは、心に響くもの ─ たとえば、人生を基本的にポジティブなものとして捉えるスタイルやフィーリングなど ─ を大事にしているからです。 その中には、カーニバルやケルシュ (ケルンの伝統的ローカルビール) 、そしてもちろんケルン大聖堂が含まれます。

もっと

もしドイツの都市に通信簿をつけたら、さしずめダルムシュタットはクラスの優等生といったところでしょう。 教養があって博識、興味の範囲が広く、上品で洗練された外見……ダルムシュタットは、科学や文学、芸術、建築を通じて、独自のプロフィールを持つに至り、その結果有名になりました。

もっと

1200年以上の歴史を誇るミュンスターは、若々しくて自信に満ち、世界に開かれた都市です。 これまで司教座やハンザ同盟、大学の都市として、地域の内外で重要な役割を果たしてきました。 そして何より、ヴェストファーレン条約 (ウェストファリア条約) の締結地として、世界史に名を残しています。

もっと

マインツは、「古代ローマ人が築いた都市」や「大学とメディアの町」、「ラインラント・プファルツ州の州都」としてよく知られているほかに、有名なものが3つあります ─ ロマネスク様式の大聖堂とグーテンベルクの印刷術、ファスナハトとも呼ばれるライン地方特有のカーニバルです。 そしてマインツには、2000年の歴史がもたらした偉大な遺産があり、市民も誇りを持っています。 特徴あるワイン文化もまた “文化財” のひとつであり、マインツをより親しみやすい都市にしています。

もっと

ルートヴィヒスハーフェンは、化学によって発展した、ライン河畔の都市です。元々は小さな集落でしたが、19世紀になって歴史の舞台に登場し、後に芸術と文化が新たなアイデンティティをもたらしました。 もちろん、ライン河畔の他の都市と同様に、ルートヴィヒスハーフェンも魅力的な観光地です。都会的でありながら緑が多く、興味深い歴史を持ち、独特の魅力を放っています。

もっと

かつてドイツを代表する炭鉱地域だったルール地方は、現在では500万人を擁するヨーロッパ最大級の人口密集地域であり、欧州大陸屈指の文化地域でもあります。 ここでは、ボーフムやドルトムント、デュイスブルク (デュースブルク) 、エッセン、オーバーハウゼンといった都市が、驚きに満ちた大都市圏を形成しているのです。

もっと

かつてドイツを代表する炭鉱地域だったルール地方は、現在では500万人を擁するヨーロッパ最大級の人口密集地域であり、欧州大陸屈指の文化地域でもあります。 ここでは、ボーフムやドルトムント、デュイスブルク (デュースブルク) 、エッセン、オーバーハウゼンといった都市が、驚きに満ちた大都市圏を形成しているのです。

もっと

かつてドイツを代表する炭鉱地域だったルール地方は、現在では500万人を擁するヨーロッパ最大級の人口密集地域であり、欧州大陸屈指の文化地域でもあります。 ここでは、ボーフムやドルトムント、デュイスブルク (デュースブルク) 、エッセン、オーバーハウゼンといった都市が、驚きに満ちた大都市圏を形成しているのです。

もっと

ロストックには、市港という名の、潮の干満と共に鼓動する心臓があります。 昔ほど多くの船乗りを桟橋で見かけなくなったとはいえ、現在も市港は街に独特な雰囲気をもたらす存在です。 ここでは大規模なイベントも開催されており、とりわけ8月のハンザ・セイルは、何百隻という帆船と百万人もの観客を集めます。

もっと

紀元前16年にローマ帝国皇帝アウグストゥスによって、アウグスタ・トレヴェロールムとして建設されたトリーアは、ドイツ最古の都市として知られているだけでなく、古典古代の歴史的建造物や美術工芸品が豊かな場所としても有名です。 このような特徴は、ポルタ・ニグラを見れば一目瞭然でしょう。ポルタ・ニグラは、ローマ時代に造られた、極めて保存状態の良い市城門で、現在はモーゼル河畔の都市トリーアのシンボルになっています。

もっと

デュッセルドルフでオートクチュールやプレタポルテの新作が発表されるとなると、ドイツのみならず世界中から人が押し寄せます。 年2回開催される「ギャラリー・デュッセルドルフ」は、当時世界最大のファッションフェアだったIGEDOから派生した見本市で、この時期ライン河畔の都市デュッセルドルフは、国際的なファッション・デザイナーやバイヤーたちのメッカになります。

もっと

ライプツィヒ市民がどれだけ音楽的かは、1989年の「東ドイツ平和革命」でタクトを振ったのが、この都市であったことからも明らかです。 このため、ドイツ再統一後には “英雄都市” の称号が与えられています。また、偉大な音楽家や楽長、作曲家たちとの関係が、ライプツィヒほど広く知れ渡り、現在まで残っている都市は他にありません。

もっと

“ハンザ同盟の女王” リューベックは、 “バルト海沿岸部で最初の西洋都市” として、1143年に建設されました。 中世の面影が残る街並みが、ホルステン門をはじめとする文化的・歴史的な観光名所と共に、素晴らしい都市景観を創り出し、帝国自由都市やハンザ同盟都市としての “栄光の時代” を偲ばせています。

もっと

ショットグラスやカール・ツァイスといった企業で有名なイェナは、産業・文化の伝統と研究、イノベーション、学術活動が魅力的に結びついた都市です。 このような特徴は、研究所や教育機関だけでなく、美しい旧市街 ─ 歴史が豊かで居心地の良い場所 ─ のクナイペ (ドイツ風居酒屋) でも感じられます。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました

世界の旅行者からの声

Blutenfest des Rotes Moselweinbergpfirsich

ROZE LENTE IN COCHEM

We hebben éven moeten oefenen, maar na een tijdje rolde Rote Moselweinbergpfirsich vanzelf uit onze mond. Toch kan je in Cochem ook gewoon Rud Peesche zeggen, het plaatselijke dialect voor deze kleine perzik met haar robijnrode vruchtvlees die overal in de Moezelvallei groeit. Terwijl de wijngaarden er nog kaal bijliggen, zijn de roze bloemen van de Moezel-Wijnbergperzik al een fleurige voorbode van de lente. Goed nieuws voor de plaatselijke wijnboeren dus, maar ook voor al wie dol is op perziken, want dan wordt er in Cochem smakelijk gefeest.

続きを読む »

werner.gladines@gmail.com

Saarbrucken

LANGS DE TAFELS VAN SAAR (LEKKER) LAND

Voor de ene is het een stukje Frankrijk in Duitsland, voor de andere is het een stukje Duitsland dat ook in Frankrijk niet zou misstaan. Wij houden het bij typisch Duits met een stevige Franse twist: Saarland. De kleinste Duitse deelstaat ging een paar keer over en weer tussen beide landen, was tweemaal op zichzelf en werd in 1957 definitief bij Duitsland ingelijfd. Het resultaat is een grensoverschrijdende kruisbestuiving van savoir-vivre en savoir-faire die zich vooral in de lokale gastronomie laat gelden. Wij trokken in Saarland letterlijk van de ene rijk gedekte tafel naar de andere, gingen er tafeltoeren en lieten ons galant overtuigen van het feit dat je van 'een schone tafel' wél kan eten.

続きを読む »

werner.gladines@gmail.com

Crazy SB Waschsalon

Crazy SB Waschsalon

Quando estamos viajando, nada como ter uma lavanderia perto para as horas de aperto. Não tem como não notar essa lavanderia toda "modernosa". Crazy SB Waschsalon chama a atenção por suas centenas de meias penduradas. Uma decoração perfeita para o ambiente. Eu não cheguei a lavar nenhuma roupa na minha estádia em Dresden, mas se ficasse mais uns dias, teria voltado lá de certeza. Fica na Louisenstraße 6, aberto todos os dias das 06h - 23h.

続きを読む »

martinha@viajoteca.com

Travel Bookshop

Travel Bookshop - para os apaixonados por viagem

As coisas mais legais, sem dúvidas eu encontrei em Neustadt. É a região mais alternativa e legal de Dresden. Foi lá que eu vi uma das Lojas de Livros de Viagem mais legais. É aquela loja/livraria/papelaria que você vai querer comprar tudo. Passei uma boa hora lá dentro, folheando (porque ler em alemão, nem em sonho!) todos os guias, livros. Comprei uns postais lindos. Bobeei por não ter comprado uns mapas antigos, eram lindos.

続きを読む »

martinha@viajoteca.com

Schwebebahn

Schwebebahn

Para ter uma vista incrível de Dresden, vale muito a pena pegar o monorail em Loschwitz. Além de ver a cidade, você ainda terá uma vista privilegiada da Ponte Azul - Blaueswunder.

続きを読む »

martinha@viajoteca.com

Kunsthofpassage

1000 e 1 passagem

Em Neustadt tem a Kunsthofphpassage, que é uma passagem incrível. Ela tem vários prédios "temáticos". O azul por exemplo quando chove, a água nos canos vira música. Fora os prédios, ainda tem várias lojas bacanas e cafés charmosos para você aproveitar. #youngDresden #mustsees #shopping #cafés

続きを読む »

martinha@viajoteca.com

Obras incríveis

Albertinum: um museu de arte moderna de 125 anos, que foi reaberto em 2010, após uma reforma de 51 milhões de euros. A coleção de retratos começa com um dos pintores alemães mais românticos, Caspar David Friedrich, e termina com seu artista vivo mais famoso, Gerhard Richter, sendo que ambos passaram a infância em Dresden. Você vai encontrar desde a Bailarina de Degas, a Monet, Manet, Rodin, Van Gogh. A entrada Vista 10€

続きを読む »

martinha@viajoteca.com

Zwinger Palace

O Chateau de Versailles de Dresden

O Zwinger Palace é um dos melhores exemplos da arquitetura barroca tardia na Alemanha. Construído entre 1710 e 1728 pelo arquiteto Pöppelmann, o Palácio Zwinger foi usado para grandes festas e torneios. Hoje, o complexo barroco de pavilhões, galerias e pátios interiores é a casa de grandes museus e obras. A Madonna Sistina de Rafael você encontrará lá. O acervo de Porcelana tambem é belíssimo. O Arsenal também é muito interessante se você curte trajes e armas. Se você não quiser entrar em nenhum museu, vá pelo menos para andar pelos jardins e admirar o "Kronentor", que é o portão com a coroa.

続きを読む »

martinha@viajoteca.com

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: