テュービンゲン
都市を選択

永遠の大学町:テュービンゲン

テュービンゲン:古典的なドイツ大学町のひとつで、居心地のよい、のんびりとした町です。 教授とワイン製造農民、反抗的な学生とシュワーベンの市民-いつも平穏というわけではありませんでした。 しかしこのヘルダーリンの町では、市庁舎の塔の仕掛け時計とクラブで鳴り響くギターの間には、長いこと平和が支配しています。

急勾配の階段、狭い路地、尖った切妻屋根の家が、テュービンゲン旧市街から城に登る景観の特色となっています。 丁寧に修復された中世の市中心部、活気ある賑わい、学生の若々しさが、魅力を放ち、店、レストラン、ストリートカフェ、ワインレストラン、学生酒場は、滞在に散策に楽しいスポットです。 テュービンゲンには2万8千5百人の学生が住んでいるので、いつも何かがあります。 愉快な行事のひとつにネッカル川の川中島の周りで行われる平底小舟競争がありますが、テュービンゲンの行事の中でもっともワイルドなイベントです。 ゴールを一位でくぐったチームは樽ビールを賞として貰いますが、敗者は半リットルの肝油を飲まねばなりません:学生の悪ふざけを予想して、昔は代父が行事に立ち会いました。

絵葉書のよう:マルクト広場とヘルダーリン塔

市庁舎とネプチューン噴水のあるマルクト広場は、ネッカル川岸と並んでテュービンゲンのもっとも人気のある写真モチーフとなっています。 マルクト広場でもっとも目立つ市庁舎は1435年に4階建てで建てられましたが、1508年に上に増築され、1511年に今日でも動いている見事な天文時計が取り付けられました。 平底小舟のネッカル川遊覧では、ヘルダーリン塔のある絵のようなネッカルの岸辺の風景を見ることができます。 この塔には心を病む詩人フリードリッヒ・ヘルダーリンが、1807年から死に至る1843年まで、家具職人親方のツィマー家所有の塔に住んでいました。 現在ヘルダーリン塔は文学記念館および博物館となっています。

エキサイティングな展示、すべての人がひとつになるところ

テュービンゲン美術館の展示は世界的です:1970年代初期のパウラ・ツンデルとマルガレーテ・フィッシャー=ボッシュ姉妹の個人イニシャチブからスタートしました。 パウラの夫、画家のゲオルク・フリードリッヒ・ツンデルを記念する展示館でした。 美術館は現代芸術と近代美術を計画的に入れ替えてその緊張を得るコンセプトに従って展示を催しています。 世界的に有名な画家、ポール・セザンヌ、エドガー・ドガ、パブロ・ピカソといった近代の先駆者のモノグラフ展示は、国際的に成功を収めています。 さらにホーエンテュービンゲン宮殿博物館、自動車と玩具の博物館ボクセンシュトップ ‐ コレクション、画廊、テュービンゲン劇場、フェスティバルがテュービンゲンの文化世界を作っています。 テュービンゲンでは市民と学生、ワイン生産家と教授がひとつになっています:芸術はおもしろく、楽しい気分にしてくれます。

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました