ウルム
都市を選択

ウルム:伝統と現代性が見事に結びついているところ。

数世紀にもわたって、市内で圧倒的な存在感を示してきたウルム大聖堂から、塔が空高く聳えています。 ウルムは、第二次世界大戦時に広範囲にわたって破壊され、戦後は適切な形で都市を再建すべく努力してきました。 そして、要を得た折衷案により、類い稀な都市景観が生まれたのです。市街地には、丹念に修復された建物がある一方で、息を呑むような現代建築物も存在します。

もちろん、世界で最も高い教会塔を備え、「神の指」とも呼ばれるウルム大聖堂は、今なお他を圧倒する存在です。 歴史的建造物と未来志向の建築が見事に調和しているミュンスター (大聖堂) 広場は、市内で最も刺激的な場所といえるでしょう。 そして、ウルムが大聖堂とミュンスター広場だけの都市ではないことも明白です。 これは、美しい市庁舎に向かって数歩進むだけで、はっきりと感じられます。1370年に最古の部分が商館として造られ、1419年に初めて市庁舎として記録に現れて、1520年頃に装飾豊かな天文時計が設置された建物です。 市庁舎の階段ホールには、「ウルムの仕立屋」ことアルプレヒト・ルートヴィヒ・ベルブリンガーが発明した、飛行機の模型が展示されています。 彼が200年余り前に行った飛行実験は、残念ながら成功の栄誉を得られませんでした。当日の風の状態が良くなく、 “飛行” はドナウ川の流れの中に終わったのです。 それでもウルムの人々は、今日まで彼を有能な人物として称えてきました。好んで新たな次元のことに挑戦する傾向がウルム市民にあるのは、少なくとも精神的な分野では、ウルム出身のアルベルト・アインシュタインが見事に証明しています。 都市計画においては、ミュンスター広場と市庁舎の間のノイエ・ミッテ (新中心街) により、新たな次元への扉が開かれました。ここでは古いものと新しいものが、印象的でコントラスト豊かな建築アンサンブルを形成しています。 その際、まず第一に挙げられるのが、ニューヨークの建築家リチャード・マイヤーによるシュタットハウス (展示・会議センター) です。これは、国際的にも高く評価されている現代建築作品であり、注目に値する都市において芸術と文化、人間の出会いの場となる、開放的な施設なのです。

この建物の地下では、ミュンスター広場の歴史や考古学に関する、興味深い常設展が行われ、現代的な建築スタイルと見事な対照をなしています。 ミュンスター広場や市庁舎付近の現代建築としては、 “感覚の家” という名の光学百貨店 ─ 3階のカフェからウルム市街地への素晴らしい展望が楽しめます ─ や貯蓄銀行、ヴォルフラム・ヴェーアの設計によるヴァイスハウプト美術館、ゴットフリート・ベームによる市立図書館のガラス製ピラミッド、可動式ファサードを備えるオフィスビル “オーベレ・シュトゥーベ” などが挙げられます。いずれも、専門家たちが絶賛している一方で、ウルム市民の評価は割れているようです。 市内観光の巡回ルートでは、500年近くにわたって重要な商館だったヴァインホーフ館、非常に古いシュタインハウス (石の家) 、1220年頃に造られたロマネスク様式のニコラウス礼拝堂、17世紀建設のシュヴェールハウス (宣誓の家) などを目にできます。 「宣誓の家」という名称は、ウルムの祭日である「宣誓の月曜日」に、この建物のバルコニーで市長が、1397年制定の市大憲章への誓いを宣言するところからきています。 ウルム博物館の内容も、なかなか刺激的なものです。 3万年ほど前に作られた「ライオン人間」 ─ 世界最古の半獣半人像 ─ をはじめとする考古学コレクションの他に、1945年以降のヨーロッパとアメリカの芸術作品が展示されています。

都市景観の中でひときわ目立つ存在が、かつて都市防衛施設の一部だった2本の塔 ─ 1345年に建てられ、「ウルムの斜塔」としても知られているメッツガートゥルム (肉屋の塔) とゲンゼトゥルム (ガチョウの塔) ─ です。 これらの塔には、ウルムらしい逸話がまつわっています。それによれば、「肉屋の塔」という名前は、ソーセージにおがくずを詰めた肉屋たちから来ています。 この肉屋たちは、不正に気づいた市民たちによって、塔に閉じ込められました。 そして、怒り狂った市長が塔に入って来たとき、太った肉屋たちが恐れをなして1か所に固まってしまったので、塔が傾いたというのです。 もっとも、湿地に建てたので傾いてしまったというのが事実のようです。 フィッシャー地区にある、中世の面影を残す飲食店で、あるいはウルム市内やノイ・ウルムのビアガーデンで、飲み過ぎて “傾いて” しまわないようにご注意ください。ちなみにノイ・ウルムは、ドナウ川の対岸 (バイエルン州) に広がる、ウルムの姉妹のような都市です。 もちろん、飲む量は個人の判断におまかせします。 ウルムを訪れて、楽しんでもらえれば何よりです。

ハイライト
Highlights

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました