伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • アインベック、藍の型染の工房
    アインベック、藍の型染の工房 ©Einbeck Marketing
伝統&習慣、テーマを選択

ニーダーザクセン産、藍の型染め

藍の型染めというのは、麻や木綿からなる布を染める方法の一つで、青い背景に白い模様が作られます。その際、型板と呼ばれるものを使って白地に模様をプリントします。藍の型染めを行う工房はドイツ全国でも9カ所しかなく、その中の2つがニーダーザクセン州のイェファーとアインベックにあります。ここでは、古くから伝わる手作業として、375年前から変わらぬ方法で藍の型染めが行われています。ガイドツアーでその様子を生で見学し、その場でテーブルクロスや布を購入することが可能です。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: