千年に一人の偉人、ヨハネス・グーテンベルク

よく考えられた、よい仕事。

根気強く物事に取り組み、自分の手で物を作り上げ、機転を利かして行動する。そういった人々が、いつの時代もドイツを支えてきました。彼らの発明は現在に至るまで世界に影響を与え続けています。アスピリンやエアバッグ、庭の小人やクリスマスツリーなど、現代人の生活を楽に、あるいは美しく、あるいは安全にしてくれるたくさんのものが、ドイツでその産声をあげました。優れた技術者たちや勇敢な先駆者たちの軌跡をたどれば行きつくところ、それが今現在です。

伝説によると、クリスマスツリーがその始まりを告げたのは 1419年のことでした。当時、 フライブルク のパン職人たちが木にパンや焼き菓子を吊るし、 町の子供たちは、元旦、木に吊るされた物を食べ尽くすことが許されていたと言います。この伝説が真実であるかどうかは別にして、ひとつ確かなことは、木を飾り付ける風習がドイツから世界中に普及したという事実です。プレゼントや伝統的な唄と同様、クリスマスに欠かせないのがクリスマスツリーです。世界最大のクリスマスツリーには、毎年、 ドルトムントのクリスマス市 でお目にかかることができます。

もっと

1841年、ケーニッヒシュタインのシュナイドハイン地区に生まれたヨハン・ヴェック。1895年、彼は、調理に使用できるガラス容器で特許と単独販売権を取得しました。イチゴのロゴで知られた WECKガラスは今なお使用されており、あらゆる種類の食品を新鮮なまま、味を損なわず、独特のスパイスに入れて数年間保存することができます。

もっと

シェラックレコード盤、LPレコード盤、カセットテープに CD。これらはすべて ニーダーザクセン州 から世界へと羽ばたいていった製品たちです。 ハノーファー 出身の発明家、エミール・ベルリナーが 1887年、シェラックレコード盤と、同時にグラモフォン(蓄音機)を発明しました。後に、彼の弟が、ポリグラムとして知られるドイツ・グラモフォン社を創設。LPレコード、カセットテープ、コンパクトディスク(CD)など、その後も画期的な発明がなされました。

もっと

1903年、ガラス技術者であったラインホールド・ブルガーが魔法瓶を発明しました。化学品を使用することなく、中身の温度を保つことができる容器は、当時、革命的とも言えるものでした。こうして、今も昔も変りなく、魔法瓶は非常に便利な発明品として毎日の生活に欠かせないものとなりました。魔法瓶とその成功の道のりに関する展示が、ブランデンブルク州にあるミュージアム村バールート・グラスヒュッテで見学できます。ここは、ほぼ 300年の伝統を誇る吹きガラスの村です。

もっと

テディベアの歴史は、ギーゲン・アン・デア・ブレンツという小さな町で、マルガレーテ・シュタイフとリヒャード・シュタイフがフエルト既製品の工場を立ち上げた時代に遡ります。ゾウの形をした小さなピンクッションが、1877年、初めてのぬいぐるみとして生まれ、ここから世界における成功への道が始まります。そして 1902年、転機が訪れます。これをもたらしたのは、足と手が動くクマでした。本製品は特に米国で大きな成功を収め、当時大統領であったテオドア・”テディ”・ルーズベルトにちなんで名前も付けられました。ギーンゲン・アン・デア・ブレンツにあるシュタイフ博物館では、テディベアのわくわくする歴史が紹介されています。

もっと

ベルリンっ子は時代の一歩先を行くのが大好き。1881年、世界初の路面電車がここで産声をあげたのも偶然ではありません。リッヒターフェルデ駅からツェーレンドルファーズ通り(現在はフィンケンシュタイン通り)をつなぐ1キロの道のりに、ベルリンっ子たちは 20ペニヒを払っていました。これは、当時の平均時給を上回る金額です。 ベルリン における鉄道・道路交通の歴史は、現在、2万5千平米の展示面積を有する ドイツ技術博物館 で見ることができます。

もっと

作曲家、 リヒャルト・シュトラウス は熱狂的なスカートプレーヤーで、自作の歌劇『インテルメッツォ』でスカートの1節を作曲したほどの熱中ぶりでした。3人で勝負するスカートは、1813年、カードゲームの町・アルテンブルクで考案され、現在はドイツで最も人気の高いカードゲームに数えられます。アルテンブルク・レジデンツ宮殿にあるカードゲーム博物館では、スカートの歴史や使用されるカードを紹介しています。この種の博物館としては世界最古のものです。1,000年以上の歴史を誇る古都・アルテンブルクは、さらに、立派な宮殿や美しく修復された旧市街で人々を魅了します。

もっと

ホップ、麦芽、酵母、そして水。それ以外は何も入れないこと。約 500年にもわたってドイツビールの原料を定めるビール純粋令は、現在でも有効な食品に関する法律としては世界最古のものです。正確にはいつビール純粋令が制定されたのかについては、たびたび議論されるところです。バイエルンのビール醸造者たちが 1516年の記録を指摘する一方で、テューリンゲンの人々は 1434年の飲食店法が最も古いビール純粋令だと主張します。どちらでも、ビールの味が損なわれることはありません。ビール純粋令が至る所で守られているのは確かな事実なのですから。

もっと

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: