伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • ヘール・グレンツハウゼンにある陶器博物館の展示
    ヘール・グレンツハウゼンにある陶器博物館の展示 ©Rheinland-Pfalz Tourismus GmbH/Holger Bernert
伝統&習慣、テーマを選択

カネンベッカーラントで作られる、ヴェスターヴァルトの陶器

粘土の埋蔵量が多いヴェスターヴァルト南部では、製陶業が伝統となっています。「水差し焼きの土地」を意味するカネンベッカーラントと呼ばれる一帯には、今なお数多くの製陶所が存在し、グレーに青の模様をあしらった水差しや食器など、日用品を生産しています。モダンな芸術品を製作している工房もあり、この地域における製陶業発展の特色となっています。ヘール・グレンツハウゼンにある陶器博物館では陶器の歴史が紹介され、人々に深い印象を与えます。ヘール・グレンツハウゼンとランスバッハ・バウムバッハで開かれる2つの大きな国際陶器市には、毎年何千人もの人々が足を運んでいます。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: