伝統のオートクチュール、ソルブ地方の民族衣装
  • カール・ドライスがカールスルーエで足けり式自転車第1号を発明
    カール・ドライスがカールスルーエで足けり式自転車第1号を発明 ©TMBW
伝統&習慣、テーマを選択

近代自転車の原型、カール・ドライスの足けり式自転車

自動車の故郷、バーデン・ヴュルテンベルク州は、ゴットリープ・ダイムラーやカール・ベンツが生まれるずっと前から、進歩的な移動手段の代名詞となっていました。マンハイムで自動車第1号が走り出す数十年前の1817年、カールスルーエ出身のカール・ドライスがここで2つの車輪からなる足けり式自転車を組み立て、今や伝説となった最初の試験走行で人々に披露しました。近代自転車の原型が生まれた瞬間です。マンハイムの博物館・テクノジアムには、カール・ドライスとその発明を紹介する一画が設けられています。

地域のハイライト

ドイツはインスピレーションをもたらします

写真について

戻る

バリアフリー操作

2つのキーボードショートカットを使って、ブラウザのズーム機能を簡単に操作できます。:

拡大: +

縮小: +

他の機能については、以下のアイコンをクリックし、ブラウザが提供するヘルプをご覧ください。: