Museum Island, Berlin
Museum Island, Berlin ©Staatliche Museen zu Berlin, Bernd Weingart
世界遺産全物件のA~Z

ベルリンの博物館島

ベルリンの博物館島 (ムゼウムスインゼル) にある、神殿さながらの建物5つからなる、世界でも類を見ないアンサンブルには、人類6000年の歴史が生んだ “財宝” が所蔵されています。 ベルリンの歴史的中心部に位置する博物館島は、1999年にユネスコ世界遺産に登録されました。ベルリンにおけるミュージアム・シーンの心臓部であり、ヨーロッパ最大規模の文化施設複合体でもあります。

かつてジョン・ストラングというスコットランドの歴史家は、ベルリンのミュージアムの美術工芸品にざっと目を通すだけで何日も必要になる、と記しました。 それは、まだシュプレー川の中州にひとつしか博物館がなかった時代のことです:カール・フリードリヒ・シンケルの設計で、1830年に建てられた旧博物館 ─ プロイセン王国で初めての公共博物館 ─ だけだったのです。 その後、1859年に新博物館が、1876年に旧国立美術館 (旧ナショナルギャラリー) が、1904年にボーデ博物館が、そして1930年にはペルガモン博物館が建設されました。 博物館島のミュージアム群は、主に19世紀の芸術作品と考古学コレクションを展示しており、中でも『イシュタール門』と『ペルガモンの大祭壇』、『ミレトゥスの市城門』、『王妃ネフェルティティの胸像』、青銅器時代の『ベルリンの黄金帽』が、訪問者を感嘆させています。 ドイツ再統一後には、東西に分割保存されていたコレクションを、統合する作業が始まりました。 また、建物が戦争で破壊されたため、館外に保管されていた品々が、本来の展示場に戻されています。 たとえば新博物館は、60年余り “戦争による廃墟” として都市景観の中に残っていましたが、2003年からイギリスの有名建築家デイヴィッド・チッパーフィールドの指揮下、巨費を投じて修復・再建されました。 新しい建物であるジェームズ・サイモン・ギャラリーは、博物館島全体の中央玄関といった趣があり、考古学プロムナードは、個々の棟を空間的&内容的に結びつけています ─ そして、世界文化を見渡す、類い稀なパノラマへと導いているのです。

旅行情報&サービス

開館時間

ペルガモン博物館 (古代コレクションとイスラム美術館、小アジア博物館) 、新博物館 (エジプト博物館とパピルス・コレクション、先史・原始博物館) :

月曜日~日曜日の10:00-18:00、木曜日は20:00まで。

ペルガモン博物館の『ペルガモンの大祭壇』は、2014年秋から5年間非公開の予定。

旧博物館 (古代コレクション) 、ボーデ博物館 (彫刻コレクションとビザンティン美術館、コイン・キャビネット) 、旧国立美術館:

火曜日~日曜日の10:00-18:00、木曜日は20:00まで。

展覧会

2014年4月4日~7月13日:バロック期のベルリン。 彫刻家アンドレアス・シュリューターとその時代、主にボーデ博物館。

2014年3月28日~7月27日:レンブラント・ブガッティ、旧国立美術館。

リンク: www.smb.museum

ベルリンの博物館島 は、次のスポットと共にユネスコ・ルート „大自然の驚異と誇り高き諸都市“ を構成しています:

他の訪れる価値のある都市:

ルート „大自然の驚異と誇り高き諸都市“ の概要へ

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました