Castles of Augustusburg and Falkenlust in Brühl
Castles of Augustusburg and Falkenlust in Brühl ©Schlösser Augustusburg und Falkenlust in Brühl
世界遺産全物件のA~Z

ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト

ラインラント地方の小さな町ブリュールには、建築と彫刻、絵画、造園が結びついた、最高レベルの総合芸術作品が存在します。 極めて華美なロココ様式によるアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルストは、バロック様式の庭園と共に、1984年以来ユネスコ世界文化遺産に登録されているのです。

しばしば “ブリュール城” とも呼ばれるアウグストゥスブルク城は、ドイツで最初の重要ロココ建築に数えられるものであり、ケルン選帝侯にして大司教だったクレメンス・アウグストのお気に入りの離宮のひとつでした。 建設は、荒れ果てた中世水城の土台を利用する形で1725年に始まり、完成まで40年以上の歳月を要しています。 つまり、当時のヨーロッパの有名芸術家たちを雇い入れるだけの時間があったということです。たとえばバルタザール・ノイマンは、豪華な「階段の間」を造りました:これは、ダイナミズムとエレガンスに溢れる傑作であり、ドイツ・バロック建築の代表作と見なされています。 同じくバロック様式による庭園は、18世紀にドミニク・ジラールが、フランスのスタイルを採り入れて建設しました。 この様式のものとしては最も美しい庭園に数えられ、とりわけ城テラス (2014年春に再公開) からの眺めは最高です。 アウグストゥスブルク城から少し散歩するぐらいの場所 ─ 閑静な林の外れ ─ には、魅力的な狩猟宮殿である別邸ファルケンルストがあります。 1729年~1737年という短い工期で造られた、ドイツ・ロココ様式において最も “個人的” で最も貴重な建築物です。 ここで大司教は、趣味の鷹狩りに情熱を傾け、思う存分楽しんだ後には宮廷の取り巻きたちを晩餐や娯楽に呼び寄せていました。 もしクレメンス・アウグストのように鷹狩りに夢中にならないなら、5月から8月にかけてアウグストゥスブルク城で開催される、ブリュール城コンサートに耳を傾けてみてください。

旅行情報&サービス

アウグストゥスブルク城:見学はガイドツアーでのみ可能 (2月~11月の月曜日を除く毎日) 。

別邸ファルケンルスト:ガイドツアー以外の見学も可能 (2月~11月の月曜日を除く毎日) ;中国語とドイツ語、英語、フランス語、イタリア語、日本語、オランダ語、ポルトガル語、ロシア語、スペイン語によるオーディオガイドが用意されています。

リンク: www.schlossbruehl.de

ブリュールのアウグストゥスブルク城と別邸ファルケンルスト は、次のスポットと共にユネスコ・ルート „生きる喜びと高度な文化“ を構成しています:

他の訪れる価値のある都市:

ルート „生きる喜びと高度な文化“ の概要へ

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました