Collegiate Church, Castle and Old Town of Quedlinburg
Collegiate Church, Castle and Old Town of Quedlinburg ©Quedlinburg-Tourismus-Marketing GmbH
世界遺産全物件のA~Z

クヴェートリンブルクの司教座教会と城、旧市街

ロマネスク街道にある美しい町クヴェートリンブルクには、中世のころ国王や皇帝が主要な居城を置いていました。 クヴェートリンブルクは、6世紀にわたって建てられてきた1300以上の木骨家屋、多数のユーゲントシュティール (青年派様式) 建築物、そして歴史的な都市構造により、極めて保存状態の良好な “中世都市”とされています。

司教座教会の聖セルバティウス教会は、ザクセン朝ドイツ王国の初代国王ハインリヒ1世と妻マティルデの墓所です。また、ロマネスク建築の傑作とされ、ドイツ屈指の教会財宝を所蔵しています。 この3廊式バシリカは、1070年~1129年ごろに建設されたもので、かつてはクヴェートリンブルクの女子修道院の付属教会でした。 今日では、たとえばクヴェートリンブルク夏季音楽祭のようなイベントの会場として、観光目的にも利用されています。 司教座教会は ─ 視覚的にも重要性においても ─ 市内で突出した存在であり、シュロスベルク (城山) の上に天高く聳えながら、他の建築物と共に、ハルツ地方の町クヴェートリンブルクを中世都市文化の総合芸術作品にしているのです。 散策するなら、壮麗なルネサンス様式による市庁舎やローラント像があるマルクト広場から、ロマネスク様式の聖マリア修道院が建つミュンツェンベルクや歴史的な修道院庭園を経て、ブリュール公園に至るルートがおすすめです ─ ユネスコ文化遺産に含まれる、トップレベルの観光スポットを辿ることになります。 クヴェートリンブルクは、毎年アドベント (待降節:クリスマス前の約4週間) の時期に、特別なアトラクションを提供しています:華やかな装飾が施されたクリスマスマーケットが市庁舎の前に立ち、普段は厚い壁に閉ざされている中庭が “クリスマスのメルヘン・ワールド” に変わるのです。 クリスマスは家で過ごしたいというのなら、ハルツ狭軌鉄道はどうでしょうか? この鉄道を利用すれば、クヴェートリンブルク近郊 ─ たとえばブロッケン山やきれいなヴェルニゲローデの町 ─ へ、一年を通して素晴らしいエクスカーションが可能です。

www.quedlinburg.de

旅行情報&サービス

市内ガイドツアー:毎日14:00

リンク www.quedlinburg.de

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました