Germany's Ancient Beech Forests
Germany's Ancient Beech Forests ©Nationalpark Hainich
世界遺産全物件のA~Z

ドイツの古代ブナ林群

ドイツの古代ブナ林は、ヨーロッパの原住民のようなものです:ブナの木々は、人間の影響が及ばなければ、大陸を広く覆っていたことでしょう。 今日では、低地に天然ブナ林が存在するのは、ドイツだけになってしまいました。 つまり、ユネスコの保護下にある「ドイツの古代ブナ林群」は、原始のヨーロッパに広がっていた、ロマンチック&スリリングで、驚くほど多様な風景を今に伝える存在なのです。 これらは、複数の国にまたがる世界遺産「カルパティア山脈のブナ原生林」を拡大する形で、世界遺産に登録されています。

リューゲン島の現在ヤスムント自然・国立公園が広がっている場所では、すでにロマン主義の画家たちが、ブナ林や白亜岩、海などからなる、魅力的な自然風景に感動していました。 この森林地帯は、岩礁に位置された立ち入りにくい場所にあるため、これまで一度も林業に利用されたことがなく、今日では開けた場所と茂み、原生林が、壮大なモザイクを織りなしています。

そしてメクレンブルク湖沼地帯の中央部には、ミューリッツ国立公園 (メクレンブルク・フォアポンメルン州) の一部である、ザラーンのブナ林が広がっています。 この地方では、狩猟に情熱を傾けていた歴代メクレンブルク=シュトレーリッツ大公によって、森林を他の目的に利用することが長い間禁じられていました。 こうして、多数の湖沼と湿原をもつ、見事な丘陵森林地帯が生まれたのです。

ベルリンから車で1時間ほどの、ブランデンブルク州ショルフハイデ=コリーン生物圏保護区にあるグルムジンは、果てしなく続く森林と広々とした平野の組み合わせで、訪れる人々を魅了しています。 深い窪地や特徴のある連山からは、最終氷期における氷河の影響が見て取れます。

ハイニッヒ国立公園 (テューリンゲン州) のブナ林は、東西ドイツ間の歴史を物語る存在です。 この地域は、旧東ドイツ (DDR) 時代には軍事上の立入禁止区域だったため、動植物相が何にも妨げられることなく成長できました。 今日印象的なのは、巨大な樹木の多様性であり、とりわけ春に森林の地面を覆う “花の絨毯” です。

ケラーヴァルト・エーダー湖国立公園 (ヘッセン州) では、岩が突き出た断崖絶壁まで、ブナ林が自然に広がっています。 ここでハイキングをしていると、奇怪な森林風景や神秘的な形状の樹木を発見することでしょう。 また、曲がりくねったエーダー湖が、ブナ林の奥深くまで切れ込む、フィヨルドさながらの光景も目にできます。

旅行情報&サービス

ハイニッヒ国立公園

おすすめ: “ヤマネコの村” ヒュチェローダと自然体験小道ブルンスタール、国立公園内の各種ハイキングロード、バウムクローネン小道が設けられたティームスブルク国立公園センター (毎日開館)。

リンク: www.nationalpark-hainich.de

ミューリッツ国立公園のザラーン

おすすめ:ザラーン森林体験小道とザラーン湿地木道

ザラーン・ビジターセンター:5月~9月の08:00-16:00

リンク: www.mueritz-nationalpark.de

ヤスムント国立公園

ザスニッツのケーニヒスシュトゥール国立公園センター:毎日開館

リンク: www.koenigsstuhl.com

ケラーヴァルト・エーダー湖国立公園

フェール=ヘルツハウゼンのケラーヴァルト国立公園センター:4月~10月は毎日開館、11月~3月は月曜日を除く毎日開館。

リンク: www.nationalparkzentrum-kellerwald.de

www.weltnaturerbe-buchenwaelder.de

ドイツの古代ブナ林群 は、次のスポットと共にユネスコ・ルート „大自然の驚異と誇り高き諸都市“ を構成しています:

他の訪れる価値のある都市:

ルート „大自然の驚異と誇り高き諸都市“ の概要へ

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました