Hanseatic Town of Lübeck
Hanseatic Town of Lübeck ©Lübeck und Travemünde Marketing GmbH
世界遺産全物件のA~Z

ハンザ同盟都市リューベック

“バルト海沿岸部における最初の西洋都市” として1143年に建設されたリューベックは、自他共に認める “ハンザの女王” であり、バルト海沿岸部のハンザ同盟諸都市にとって範となる輝かしい存在でした。 中世の面影を残す旧市街は、レンガゴシック様式の代表例であると同時に、かつて世界貿易の中心として君臨した、偉大な過去を思い出させてくれます。

ハンザ同盟都市リューベックの歴史的市街地は、1987年に旧市街全域を対象とするものとしては北ヨーロッパではじめて、ユネスコ世界文化遺産に登録されました。 旧市街 ─ 水路に囲まれた島 ─ の景観においては、7本の教会塔が中世以来の特徴になっています。

リューベックという地名は、幾世紀にもわたって自由と権利、富の響きを含んでいました。 今日においても、ゴシックやルネサンス、バロック、擬古主義様式の歴史的建造物が、あるいは大通りと路地、教会と僧院、市民家屋と防御施設が、リューベックの全盛期を物語っています。 四方を水に囲まれ、5つの教会から7本の塔が聳える旧市街は、1000年の歴史を生き生きと伝えるものであり、レンガゴシック様式の顕著な例として、ユネスコ世界遺産に登録されました。 世界遺産には、市庁舎を取り巻く建築アンサンブルやブルク修道院、古くて威厳のある都市貴族邸が並ぶペトリ教会から大聖堂までの区画、そしてもちろん都市のシンボルであり、現在は体験型博物館になっているホルステン門が含まれます。 リューベックを訪れたら ─ 港巡り同様に ─ 忘れてはならないのが、トーマス・マンやヴィリー・ブラント、ギュンター・グラスといったノーベル賞受賞者に捧げられた記念館です。 もし時期が合うなら、近郊で毎年開催されているトラベミュンデ週間を訪れてみてください。これは、最高レベルの帆走スポーツ・イベントと民族祭をひとつにしたようなフェスティバルです。 そして、夜のクナイペ (ドイツ風居酒屋) 巡りも、リューベック観光の一部といえます:日が沈むと、多数のクナイペやレストラン、バー、クラブ、ディスコが活気づいてくるのが分かるはずです。 繰り出す前には、リューベックのオリジナル・マルチパン (マジパン) による “栄養補給” を忘れないでください:数百年来マルチパンは、誰もが認めるリューベックの名物であり、世界中の人々を虜にしている “甘い誘惑” なのです。

旅行情報&サービス

イベント

トラベミュンデ週間:2014年7月

国際ハンザ同盟祭:2014年5月22~25日

市内ガイドツアー

1月~3月と11月:土曜日&日曜日11:00

4月~10月と12月:毎日異なる時間に開催

港&運河巡り

シティ・シフファールト:3月~10月の毎日、 www.cityschifffahrt.de

クヴァント・ライン・リューベック:通年、5月~10月は毎日10:00-18:00頃、 www.quandt-linie.de

シュトューフ ─ リューベック遊覧船:通年、シーズン中は毎日10:00頃-17:30、 www.luebecker-barkassenfahrt.de

リンク: www.luebeck.de

ハンザ同盟都市リューベック は、次のスポットと共にユネスコ・ルート „大自然の驚異と誇り高き諸都市“ を構成しています:

他の訪れる価値のある都市:

ルート „大自然の驚異と誇り高き諸都市“ の概要へ

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました