Historic Centres of Stralsund and Wismar
Historic Centres of Stralsund and Wismar ©DZT, Norbert Krüger
世界遺産全物件のA~Z

シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区

14世紀におけるハンザ同盟の栄光と富が、シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区ほど、はっきりと見て取れる場所はありません。 これら2つの都市の歴史的な市街地は、中世の面影が色濃く残る街並み、そして広範囲にわたって保存されてきたレンガゴシック様式の建築物で、訪れる人々に感銘を与えています。

メクレンブルク・フォアポンメルン州沿岸部のシュトラールズントとヴィスマールにある、計6つのレンガ造りの教区教会を目にすれば、中世末期におけるゴシック教会建築の全体像を把握できるはずです。 ヴィスマールの聖マリア教会の常設展では、レンガによるゴシック建築の様々な技術や中世の美術工芸が、ヨーロッパ・レンガゴシック街道の枠内で紹介されています。 ヴィスマールは、その規模と統一性において、バルト海南部で最も保存状態が良好なハンザ同盟都市です:シュトラールズント同様に、魅力的な雰囲気や昔ながらの港酒場、のどかな街角などで、観光客を魅了しています。 ヴィスマールの歴史的な港湾には、強大なハンザ同盟都市だった時代の面影が垣間見えますし、市内最古の市民邸宅にして現在はレストランの「アルター・シュヴェーデ」は、誇り高き市民たちの富裕と造形の意志を体現しているのです。 この建物は、17&18世紀に両都市がスウェーデンの支配下にあったことを思い出させる存在でもあります。 この時代には、他にも素晴らしいバロック建築物が生まれました:たとえば、ヴィスマールのツォイクハウス (武器庫) やシュトラールズントのスウェーデン行政宮殿などです。 シュトラールズントの湾内島では、オツェアネウムが、バルト海や北海、大西洋から北極海に至る、魅力的な海中の旅に誘っています。 オツェアネウムの建物は、その近代的なスタイルにより、市街地の中世的な美しさと刺激的なコントラストをなしています ─ と同時に、歴史的なハンザ同盟都市に育まれてきた、 “海への大いなる愛情” を表現しているのです。

旅行情報&サービス

シュトラールズント

世界遺産展「シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区」、オッセンライヤー通り1番地の建物の地階:毎日10:00-17:00、入場無料 (言語:ドイツ語&英語)

市内ガイドツアー:4月1日~10月31日、毎日11:00「旧市街巡り」、火曜日を除く毎日14:00「シュトラールズントの過去へタイムトラベル」

イベント:

シュトラールズント・ハンザ同盟祭 (6月)

中世スペクタクル「ヴァレンシュタイン祭り」 (7月)

シュトラールズントとグライフスヴァルトにおけるバルト海フェスティバル.

ヴィスマール

市内ガイドツアー:2014年3月29日~11月2日の毎日10:30

イベント:

2014年3月22日~4月6日:ヴィスマール・ニシン祭り

2014年6月13日~15日:ヴィスマール港祭り (伝統的なヨットでのセーリングを含む)

2014年8月14日~17日:スウェーデン祭り

リンク

www.stralsundtourismus.de

www.wismar.de

www.wismar-stralsund.de

シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区 は、次のスポットと共にユネスコ・ルート „大自然の驚異と誇り高き諸都市“ を構成しています:

他の訪れる価値のある都市:

ルート „大自然の驚異と誇り高き諸都市“ の概要へ

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました