世界遺産全物件のA~Z

ドイツの世界遺産物件のテーマ分野を見つけてください。


産業の黎明期における証人たち:美しいゴスラー旧市街に隣接するランメルスベルク鉱山は、かつて銅と鉛、亜鉛を含有するものとしては世界最大の鉱層を持ち、現在は1000年に及ぶ鉱山業の歴史を伝えています。 そして、鉱山にエネルギーを供給していたのがオーバーハルツ水利管理システム ─ 産業化以前のものとしては世界で最も重要な「水の管理体系」 ─ です。

もっと

フェルクリンゲン製鉄所は、19世紀から20世紀にかけての鉄鋼業全盛期に建設され、完全な形で保存されている、世界で唯一の製鉄所です。 60万平方メートルの敷地に広がる巨大施設は、1994年に産業記念物としては世界で初めて、ユネスコ世界遺産に登録されました。今日では文化拠点であると同時に、テーマ&体験パークにもなっています。

もっと

エッセンのツォルフェライン (ツォルフェアアイン) 炭鉱第12採掘坑は、建設当時は世界最大にして最新の石炭採掘施設であり、ヨーロッパにおける重工業発展の典型例とされていました。 今日この炭鉱は、バウハウスのスタイルを採り入れた建物により、近代産業建築のモニュメントと見なされ、芸術や文化の拠点になっています。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました