世界遺産全物件のA~Z

ドイツの世界遺産物件のテーマ分野を見つけてください。


ドイツ国内の杭上住居の遺跡は、バーデン・ヴュルテンベルク州のボーデン湖畔に9件、オーバーシュヴァーベン地方のアウクスブルク南郊とシュタルンベルク湖に9件あります。 これらの場所は、フランスやイタリア、オーストリア、スイス、スロベニアの93か所と共に、7000年ほど前に起源を持つ、考古学上の遺産を今に伝えているのです。

もっと

紀元前16年に「アウグスタ・トレヴェロールム」として建設されたトリーアは、ドイツ最古の都市にして、歴史のモニュメントでもあります。 モーゼル河畔のロマンチックな都市への訪問は、世界レベルの歴史的記念物や見事な教会建築、古代ローマの面影を残す街並みなどにより、忘れがたい体験になることでしょう。

もっと

テューリンゲン州 のワイマール (ヴァイマル) は、数百年にわたってドイツ精神生活の中心地に数えられていました。その全盛期となる19世紀初頭には、ゲーテとシラー、ヘルダーという、ヨーロッパ精神史に燦然と輝く3人が、この地に暮らしていました。 建築アンサンブル「古典主義の都ワイマール」は、1800年頃の啓蒙思想や宮廷文化、さらには市民文化を今に伝えるものです。

もっと

辺境伯歌劇場は、18世紀のバロック劇場建築における傑作とされています。 色彩豊かな内装は、見る者を圧倒するほど豪華絢爛なものです。 この “ヨーロッパで最も保存状態の良いバロック劇場” は、当時最も有名な劇場建築家だったジュゼッペ・ガリ・ビビエーナとその息子カルロによって建設されました。

もっと

アイスレーベンやルター都市ヴィッテンベルクでは、宗教改革 ─ すなわち近世の始まり ─ から500年余りたった今日でも、当時の香りを直に感じることができます。 ここには、ルターの生家や晩年の家、住んでいた修道院、『95ヶ条の論題』を貼った教会など、ルターを偲ぶことができる、類い稀な建造物の数々が存在するのです。

もっと

美しいポツダムの街は、非常に豊かで魅力的な文化的景観をまとっています:広々とした公園や厳かな並木道、さらには18~20世紀の建築物150余りが結びついて、他に類を見ないレベルの文化財を形成しているのです。 これらは、隣接する ベルリン の建築記念物と共に、1990年にユネスコ世界遺産に登録されました。

もっと

古代ローマの国境防衛施設リーメスは、ライン川からドナウ川まで全長550キロメートルにも達する、地上のものとしてはヨーロッパ最長にして最も印象的な “考古学記念物”です。 砦や物見櫓、壁、防御柵からなるリーメスは、約2000年前の世界帝国が、その領土を “野蛮人たち” から守るためのものでした。

もっと

ベルリンの博物館島 (ムゼウムスインゼル) にある、神殿さながらの建物5つからなる、世界でも類を見ないアンサンブルには、人類6000年の歴史が生んだ “財宝” が所蔵されています。 ベルリンの歴史的中心部に位置する博物館島は、1999年にユネスコ世界遺産に登録されました。ベルリンにおけるミュージアム・シーンの心臓部であり、ヨーロッパ最大規模の文化施設複合体でもあります。

もっと

おそらくは、ドイツで最も美しい市庁舎のひとつ:ブレーメン市庁舎の豪華なファサード (建物正面部分) は、北ドイツのヴェーザールネサンス様式を代表するものです。 そして、ブレーメンの “自由像” であるローラント像と共に、現在に至るまで都市や自由、独立といった、市民の誇りを象徴しています。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました