世界遺産全物件のA~Z

ドイツの世界遺産物件のテーマ分野を見つけてください。


14世紀におけるハンザ同盟の栄光と富が、シュトラールズント及びヴィスマールの歴史地区ほど、はっきりと見て取れる場所はありません。 これら2つの都市の歴史的な市街地は、中世の面影が色濃く残る街並み、そして広範囲にわたって保存されてきたレンガゴシック様式の建築物で、訪れる人々に感銘を与えています。

もっと

フランケン地方の文化地図の中心部で、7つの丘の上に広がるバンベルクは、千年の歴史を持つ「司教と皇帝の都市」であり、しばしば「フランケン地方のローマ」と呼ばれています。 皇帝大聖堂が聳える周りには、中世盛期から市民バロックに至る、美術品さながらの都市景観が、比類が無いほど見事に保存されているのです。

もっと

ロマネスク街道 にある美しい町クヴェートリンブルクには、中世のころ国王や皇帝が主要な居城を置いていました。 クヴェートリンブルクは、6世紀にわたって建てられてきた1300以上の木骨家屋、多数のユーゲントシュティール (青年派様式) 建築物、そして歴史的な都市構造により、極めて保存状態の良好な “中世都市”とされています。

もっと

間もなく建設2000周年を迎える “皇帝と国王の都市” レーゲンスブルクには、素晴らしい景観が広がっています。 市街地には文化財保護指定を受けている建造物が1500もあり、その中の984が「レーゲンスブルクの旧市街とシュタットアムホーフ」として、2006年以来ユネスコ世界遺産に登録されているのです。

もっと

“バルト海沿岸部における最初の西洋都市” として1143年に建設されたリューベックは、自他共に認める “ハンザの女王” であり、バルト海沿岸部のハンザ同盟諸都市にとって範となる輝かしい存在でした。 中世の面影を残す旧市街は、レンガゴシック様式の代表例であると同時に、かつて世界貿易の中心として君臨した、偉大な過去を思い出させてくれます。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました