世界遺産全物件のA~Z

ドイツの世界遺産物件のテーマ分野を見つけてください。


“人生の達人” にして旅行作家、そしてトップレベルのランドスケープデザイナーだったピュックラー=ムスカウ侯ヘルマンが、ムスカウ公園という世界屈指のランドスケープ&造園芸術作品を創り出したのは、19世紀初めのことです。 ドイツ/ポーランド国境にまたがる総面積約830ヘクタールの公園は、様々な特徴を持つ、複数のエリアで構成されています。

もっと

イギリス風景式庭園のスタイルによるヴィルヘルムスヘーエ公園 (ベルクパルク・ヴィルヘルムスヘーエ) は、 ヘッセン州北部 の都市カッセルにあります。総面積240ヘクタールという、丘陵部のものとしてはヨーロッパ最大規模の公園です。 また、ヴィルヘルムスヘーエ宮殿と共に、文化や自然、造園芸術が完璧に調和した、総合芸術作品を形成しています。

もっと

ドイツの古代ブナ林は、ヨーロッパの原住民のようなものです:ブナの木々は、人間の影響が及ばなければ、大陸を広く覆っていたことでしょう。 今日では、低地に天然ブナ林が存在するのは、ドイツだけになってしまいました。 つまり、ユネスコの保護下にある「ドイツの古代ブナ林群」は、原始のヨーロッパに広がっていた、ロマンチック&スリリングで、驚くほど多様な風景を今に伝える存在なのです。 これらは、複数の国にまたがる世界遺産「カルパティア山脈のブナ原生林」を拡大する形で、世界遺産に登録されています。

もっと

北海沿岸部に広がるワッデン海は、その風景の多様性により、無数の動植物にとって類い稀な生活圏になっています。 シュレースヴィヒ・ホルシュタイン州 と ニーダーザクセン州 、 ハンブルク特別市 の国立公園、そしてオランダのワッデン海保護地域からなるユネスコ世界自然遺産ワッデン海は、総面積が10,000平方キロメートルにも達するものです。

もっと

ライン渓谷中流上部は、 “南入口” になっているビンゲン/リューデスハイムからコブレンツまで、65キロメートル余りにわたって続きます。 自然の美と圧倒的なパノラマ、そして陽光が降り注ぐブドウ畑の上に、他に類を見ない頻度で現れる古城と宮殿……今日に至るまでヨーロッパで最も人気が高い観光名所に数えられています。

もっと

メッセル・ピット化石地域 (メッセル採掘場の化石発掘現場) は、これまで様々な化石40,000点以上が発掘された、世界で最も化石が豊富な場所のひとつであり、かつての生物圏の劇的な変化を今に伝える類い稀な存在です。 また、約4700万年前の進化の奇跡を明らかにする場所として、1995年にはドイツで初めてユネスコ世界自然遺産に登録されました。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました