世界遺産全物件のA~Z

ドイツの世界遺産物件のテーマ分野を見つけてください。


ワイマールとデッサウのバウハウスとその関連遺産群

バウハウスは造形大学として、20世紀の芸術および建築の思想や作業において、世界規模の革命を引き起こしました。 ワイマール (ヴァイマル) とデッサウにある、当時の建物やミュージアム、展示場では、現在なお大きな影響力を持つ、近代の礎石というべきものを垣間見ることができます。

ベルリンの6か所にあるモダニズム集合住宅は、皇帝時代の陰鬱な賃貸住宅への対案として、1913年から1934年にかけて建設されました:そのコンセプトとなったのは、居住者への「光と風と太陽」です。 これらの集合住宅は、明快なフォルムにより、20世紀の建築と都市建設に決定的な影響を及ぼしました。

もっと

デッサウ・ヴェルリッツの庭園王国は、18世紀に造られた大陸ヨーロッパで初めてのイギリス風景式庭園で、造園と建築が完璧に調和・融合しています。 エルベ川とムルデ川に沿った、総面積140平方キロメートル余りの敷地には、宮殿の他に大小100以上の建物が設けられ、様々な姿に構成された風景が広がっているのです。

もっと

バウハウスは造形大学として、20世紀の芸術および建築の思想や作業において、世界規模の革命を引き起こしました。 ワイマール (ヴァイマル) とデッサウにある、当時の建物やミュージアム、展示場では、現在なお大きな影響力を持つ、近代の礎石というべきものを垣間見ることができます。

もっと

後にバウハウスの花形建築家となるヴァルター・グロピウスとアドルフ・マイヤーによって、1911年に建設されたファグス工場は、近代建築の原点と見なされています。 ここでは、ノイエス・バウエン様式の構造上の特徴 ─ 「ガラスと鋼鉄によるファサード」と「支柱を用いずにガラスのみで覆った角」 ─ が、建築複合体に軽やかなエレガンスをもたらしているのです。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました