ルート「夢想家と先駆者」

ドイツは革新的な国です:ベルリンのヴィジョンに満ちた都市建設やバウハウス大学による革命的なデザイン、さらには16世紀において教会のみならず、社会にまで持続的な影響を与えることになった、反骨の士マルティン・ルターなどが、その例として挙げられます。 ユネスコ・ルート「夢想家と先駆者」で、ドイツにおける歴史の震源地を巡り、数百年の時間を辿ってください。

ルート

ベルリンの6か所にあるモダニズム集合住宅は、皇帝時代の陰鬱な賃貸住宅への対案として、1913年から1934年にかけて建設されました:そのコンセプトとなったのは、居住者への「光と風と太陽」です。 これらの集合住宅は、明快なフォルムにより、20世紀の建築と都市建設に決定的な影響を及ぼしました。

もっと

アイスレーベンやルター都市ヴィッテンベルクでは、宗教改革 ─ すなわち近世の始まり ─ から500年余りたった今日でも、当時の香りを直に感じることができます。 ここには、ルターの生家や晩年の家、住んでいた修道院、『95ヶ条の論題』を貼った教会など、ルターを偲ぶことができる、類い稀な建造物の数々が存在するのです。

もっと

バウハウスは造形大学として、20世紀の芸術および建築の思想や作業において、世界規模の革命を引き起こしました。 ワイマール (ヴァイマル) とデッサウにある、当時の建物やミュージアム、展示場では、現在なお大きな影響力を持つ、近代の礎石というべきものを垣間見ることができます。

もっと

ライプツィヒ市民がどれだけ音楽的かは、1989年の「東ドイツ平和革命」でタクトを振ったのが、この都市であったことからも明らかです。 このため、ドイツ再統一後には “英雄都市” の称号が与えられています。また、偉大な音楽家や楽長、作曲家たちとの関係が、ライプツィヒほど広く知れ渡り、現在まで残っている都市は他にありません。

もっと

ゲーテとシラー、ヘルダーとヴィーラント、ニーチェ、フュルンベルク、リスト、バッハ、コルネリウス、グロピウス、ファイニンガー、クレー、イッテン…… ワイマール (ヴァイマル) では、ドイツおよびヨーロッパ精神史の至宝ともいうべき、偉大な人物の名前を多数挙げることができます。 ワイマール古典主義とバウハウスは、現在まで “文化の灯台” であり続けていますし、これらに関連する非常に多くのものが、市内で見事に調和しているのです。

もっと

教会と塔、橋、偉大な文化、華やか祭り……エアフルトは、中世の香りと豊かな歴史で、あるいは生きる喜びと心からのホスピタリティで、訪れる人々に強い印象を与えています。 かつてドイツ国内やヨーロッパ規模の交易路が交わる場所だった、テューリンゲン州の州都エアフルトは、昔から偉人たちの故郷や出会いの場として、自我があって誇りも高い改革都市として、さらには世界中の人々を磁石のように惹き付ける土地として知られていました。

もっと

巨大かつ重厚で、壁の傷跡ひとつひとつに歴史が感じられます:アイゼナハの町の上に聳えるヴァルトブルク城は、1999年にユネスコ世界文化遺産に登録されました。 ドイツで最も保存状態の良好な中世城塞のひとつです。 また、1000年近い歴史を有する、おそらくはドイツで最も有名な城塞であり、極めて重要な城塞でもあります。

もっと

そもそもフランクフルトは、極めて近代的な都市です。 ビジネスや建築、さらにはヨーロッパで3番目の規模を誇る空港も最先端にあります。 もしかすると、だからこそフランクフルトは、種類も構成も規模も異なるミュージアムに、特別な愛情を育んできたのかも知れません。 もっとも、ここでも「いつも少し時代に先行しながらも伝統を守る」というモットーを守っているようです。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました