ルート「地下資源と建築」

ルート「地下資源と建築」は、全てのユネスコ・ルートの中で、最も時代の幅が広いものです。 ここでは、先史時代の地層の発掘調査から産業の歴史までを目にできるのです。 見事な景観が広がる旧市街と敬虔な信仰心の証が、このルートをスリリングな総合体験にしており、ハイキングが好きな方にはいくつか素敵なルートを提供しています。

ルート

世界最大の見本市会場はどこにあると思いますか? 東京でしょうか? 残念ながら違います。 シカゴ? ロンドン? それとも上海? 全部ハズレ。 フランクフルト? おしい! 正解はハノーファー (ハノーバー) です。 この都市は、近代的な見本市会場により、世界経済の原動力 ─ あるいはアイディアやイノベーション、投資の象徴 ─ になっているのです。

もっと

後にバウハウスの花形建築家となるヴァルター・グロピウスとアドルフ・マイヤーによって、1911年に建設されたファグス工場は、近代建築の原点と見なされています。 ここでは、ノイエス・バウエン様式の構造上の特徴 ─ 「ガラスと鋼鉄によるファサード」と「支柱を用いずにガラスのみで覆った角」 ─ が、建築複合体に軽やかなエレガンスをもたらしているのです。

もっと

ハノーファー 近郊のヒルデスハイムにある聖ミヒャエリス教会と聖マリア大聖堂は、いずれも初期ロマネスク様式を代表する見事な建築物です。 これらの聖堂は、神聖ローマ帝国における宗教芸術の全盛期を今に伝え、ベルンヴァルト司教の創造性を証明すると同時に、世界的に有名な歴史的文化財で人々に感銘を与えています。

もっと

産業の黎明期における証人たち:美しいゴスラー旧市街に隣接するランメルスベルク鉱山は、かつて銅と鉛、亜鉛を含有するものとしては世界最大の鉱層を持ち、現在は1000年に及ぶ鉱山業の歴史を伝えています。 そして、鉱山にエネルギーを供給していたのがオーバーハルツ水利管理システム ─ 産業化以前のものとしては世界で最も重要な「水の管理体系」 ─ です。

もっと

ロマネスク街道 にある美しい町クヴェートリンブルクには、中世のころ国王や皇帝が主要な居城を置いていました。 クヴェートリンブルクは、6世紀にわたって建てられてきた1300以上の木骨家屋、多数のユーゲントシュティール (青年派様式) 建築物、そして歴史的な都市構造により、極めて保存状態の良好な “中世都市”とされています。

もっと

ヴェストファーレン (ウェストファリア) 地方ヘクスターの旧ベネディクト会修道院コルヴァイが、2014年6月21日にドイツで39番目のユネスコ世界遺産として登録されました。芸術史における “宝石” とされ、計り知れない価値を有していることを考えると、正当な評価といえるでしょう : 1200年近い歴史を持つ、かつての帝国直属修道院は、中世ドイツに創立された、最も重要な修道院施設に数えられます。

もっと

イギリス風景式庭園のスタイルによるヴィルヘルムスヘーエ公園 (ベルクパルク・ヴィルヘルムスヘーエ) は、 ヘッセン州北部 の都市カッセルにあります。総面積240ヘクタールという、丘陵部のものとしてはヨーロッパ最大規模の公園です。 また、ヴィルヘルムスヘーエ宮殿と共に、文化や自然、造園芸術が完璧に調和した、総合芸術作品を形成しています。

もっと

メッセル・ピット化石地域 (メッセル採掘場の化石発掘現場) は、これまで様々な化石40,000点以上が発掘された、世界で最も化石が豊富な場所のひとつであり、かつての生物圏の劇的な変化を今に伝える類い稀な存在です。 また、約4700万年前の進化の奇跡を明らかにする場所として、1995年にはドイツで初めてユネスコ世界自然遺産に登録されました。

もっと

そもそもフランクフルトは、極めて近代的な都市です。 ビジネスや建築、さらにはヨーロッパで3番目の規模を誇る空港も最先端にあります。 もしかすると、だからこそフランクフルトは、種類も構成も規模も異なるミュージアムに、特別な愛情を育んできたのかも知れません。 もっとも、ここでも「いつも少し時代に先行しながらも伝統を守る」というモットーを守っているようです。

もっと

観光の国ドイツをマップ上で発見してください

ここにお気に入りを追加してください。 ご自分で選択したものを保存/整理/共有/プリントし、ドイツ旅行を総合的に計画してください。

0 お気に入りが選択されました